Brand

  • YOLO
  • Yogini
  • 楽園ゴルフ
  • トリコガイド
  • ei cooking

年よりも老けて見られるのはなぜ!?今日から始められる“老けない食事術”のキホン

若さを保つ秘訣は食事にあり!

年を重ねるにつれ、疲れがとれにくくなったり、シミやシワが増えてきたり…。年だから仕方がないと思っていても、同じ年齢なのにとても若々しく見える人って身近にいませんか?老化のスピードは遺伝的なものもあり人それぞれ。しかし、生活習慣や環境、食生活によって老化のスピードをダウンさせることはできるのです。

老化三大要素「酸化」「糖化」「炎症」+「消化力」が老け防止のカギ

老化は、活性酸素により細胞が傷つけられる「酸化」、血液中に残った糖がタンパク質と結合して生成されるAGEs(最終糖化生成物)という物質によりDNAが傷つけられる「糖化」、過剰な免疫反応により健康な細胞も破壊してしまう「炎症」の三つの要素が引き起こすものといわれています。そのため老化を抑制するには、その三つを抑制する対策をとる必要があります。

さらに、それらの対策には「消化力」の助けも重要になります。消化力とは、食べたものを胃や腸などの消化器官でスムーズに消化し、栄養を無駄なく吸収する力のこと。消化力を正常に保つうえでもっとも大事なのは、腸内環境を整えること。つまり、老化を遅らせるためにも腸内環境を整えておくことは重要なポイントとなるのです。

老化に抗うためには見直すべき食材とは?

では、普段の食事でどのようなことに気を配れば、酸化、糖化、炎症を抑えて老化を防止することができるのでしょうか?具体的にご紹介しましょう。

◎抗酸化力アップ
ビタミンCとE、β-カロテンやポリフェノールを摂るのがおすすめです。α-リポ酸は、抗酸化力が高く活性酸素を除去してくれます。

<おすすめ食材>
レモンや柚子などの柑橘類、モロヘイヤやパプリカなど

◎抗糖化力アップ
糖質をコントロールするのがカギ。砂糖、小麦粉、白米のように精製された白いものを摂りすぎないようにしましょう。

<おすすめ食材>
玄米、わかめ、大豆、ショウガ、豚肉など

◎抗炎症力アップ
サラダ油やバターなどの動物性の脂は炎症を引き起こすサイトカインという物質の生成を促します。そのため、普段使用する調理油を抗炎症の作用があるオメガ3脂肪酸に替えてみましょう。

<おすすめ食材>
アマニ油(EPA)、青魚(DHA)、ナッツ類などのオメガ3脂肪酸など

◎消化力アップ
辛いものなど刺激物やカフェイン、アルコールの過剰摂取は避けましょう。食事の前に胃の調子を整える消化酵素を多く含む生野菜や果物を摂るのもおすすめです。

<おすすめ食材>
味噌、納豆、ヨーグルトなどの発酵食品、野菜や果物など

「今日は何を食べよう…ではなく、今日はこの食材を使った料理にしよう」。そんな意識をもつことで、いつまでも若々しい体を維持できるはずです。

出典:『老けない食事術
監修:中村美穂(管理栄養士・フードコーディネーター)
ライター:楠田圭子

Share

Profile

YOLO 編集部

YOLO 編集部

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

No more pages to load