Brand

  • YOLO
  • Yogini
  • 楽園ゴルフ
  • トリコガイド
  • ei cooking

え?ダイエットを妨害!?甘いもの、炭水化物の摂りすぎがもたらす「高血糖」に要注意

痩せているからって安心してはダメ!

高血糖と聞くと、中高年の話と他人事のように思う人も多いのではないでしょうか。これは大きな勘違いです。若年層でも高血糖は発生するもので、それを見すごし続けることで、いずれは生活習慣病に罹患してしまうことに。と言われても、まだまだ先のことだし…と、対策も先送りにしがちですよね。しかし、じつは高血糖はダイエットの大きな妨げにもなる大問題なのです。

ここでは簡単に、なぜ高血糖がダイエットの妨げになるのかをご説明します。体内に取り込んだ糖は体内でブドウ糖に変換され、血中に放出されます。すると体は増えた糖を処理するため、すい臓からインスリンというホルモンが分泌し、糖はエネルギーとして使用されます。それでも使いきれなかった糖は体脂肪として蓄えられます。

しかし、炭水化物や甘いものを摂取しすぎると、血中の糖の量が過剰となり、処理しきれなかった糖が血中に大量に残ってしまいます。これが高血糖状態です。この状態になると血液中には糖がどんどん増えて、それがすべて体脂肪として蓄積されてしまうのです。この状態が続くと食事量を減らしても体脂肪は減らず、さらにそれが長期間にわたると、いずれは生活習慣病にもつながります。

この高血糖は痩せた人でも糖を摂りすぎれば陥ってしまうことから、見た目が痩せていても油断は大敵です。

では、この恐ろしい高血糖をどのようにしたら防げるのでしょうか?答えは、食事のときに食物繊維をたくさん摂ることです。食物繊維には腸内で糖の吸収をおだやかにし、血糖値の急上昇を防ぐ働きがあるからです。

もう一つは糖のエネルギー化に欠かせないビタミンB群をあわせて摂ることです。ビタミンBは体内貯蔵量が少ないので、ビタミンB群を含む食材をこまめに補給しましょう。

また、よく噛んで食べることも重要です。そこでとり入れてほしいのが野菜や豆、海藻、果物などに多く含まれている食物繊維です。これらの食材は食感が豊かなので、自然と噛む回数が増え、満腹中枢が刺激されます。胃の中でかさが増えるので食べすぎ予防にも有効です。

出典:『老けない食事術 改訂版
監修:清水加奈子(管理栄養士、国際中医薬膳師、フードコーディネーター)
ライター:楠田圭子

Share

Profile

YOLO 編集部

YOLO 編集部

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

No more pages to load