Brand

  • YOLO
  • Yogini
  • 楽園ゴルフ
  • トリコガイド
  • MY LIFE RECIPE
  • RUNNING style

コラーゲン鍋でお肌つるつる、ぷるぷるは嘘だった!?美肌効果を得る方法とは?

コラーゲンだけでは効果なし!?

美肌づくりに有効とされるコラーゲン。女性にとっては頼れる栄養素ですが、一つ大きな勘違いが…。じつは、食品から摂取しても、そのままではコラーゲンとして体内に吸収されないのです。それはコラーゲンはタンパク質の一つで、体内に入ればほかの食品から摂ったタンパク質と同様に処理されるからです。つまり、コラーゲンを摂ったからといって、それがピンポイントに肌に使われるということはあり得ないのです。

ということは…。少し前に大流行したコラーゲン鍋などの美肌効果は、ほぼ期待薄ということになるわけです。では、どうしたらコラーゲンの美肌効果を得ることができるのでしょうか?ここからは、コラーゲンの働きと、効果を得るための摂取法をご紹介していきましょう。

コラーゲンとは?

プルンとしたハリとツヤのあるお肌の維持に活躍するコラーゲン。その正体は、皮膚や腱・軟骨などを構成する繊維状のタンパク質。コラーゲンは体を構成するタンパク質の約3割を占めているのです。コラーゲンとは、ゼラチンの原料としても知られていますが、主に鶏の手羽先や軟骨、フカヒレ、牛スジといった、プルプルとした質感の動物性タンパク質に多く含まれています。

ビタミンCを含む食品の合わせ技で!

コラーゲンそのものには皮膚の弾力を保ち、保湿効果を高める作用があるため、肌のシワやタルミの緩和効果はあります。また、骨粗しょう症の予防効果があることもわかっています。ただし、前述のように体内でピンポイントに肌や骨に使われるわけではないということがネックです。

ここで食品から摂取したコラーゲンをできるだけ肌や骨に使用されるようにする方法をご紹介します。それは、ビタミンCとともに摂取することです。コラーゲンは体内でアミノ酸に分解されて吸収された後、ビタミンCの力を借りることではじめて合成されるからです。そのため、コラーゲンを含む食品を食べるときは、ビタミンCを豊富に含む、緑黄色野菜や果物などを一緒に摂ることを心がけましょう。

鉄や亜鉛も忘れずに!

コラーゲンの合成には、ビタミンCのほかに、鉄や亜鉛も必要となります。これらの栄養素を含むレバー、ひじき、牡蠣などの食品をしっかり摂ってください。

出典:『マンガでわかる栄養素の基本』
監修:森田佐和子(管理栄養士)
ライター:楠田圭子

Share

Profile

YOLO 編集部

YOLO 編集部

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

No more pages to load