Brand

  • YOLO
  • Yogini
  • 楽園ゴルフ
  • トリコガイド
  • MY LIFE RECIPE
  • RUNNING style

テレワークで肩コリがつらい?簡単ストレッチで肩甲骨を緩めよう

外に出る機会も減ってしまい、運動不足?加えてスマホやパソコンの作業で座りっぱなしが続き、肩コリがひどいという人は多いはず。呼吸が浅くなり、頭痛や風邪の症状なども不調を感じたら、肩甲骨をほぐしてあげましょう。動きがスムーズになると、呼吸機能も高まります。

肩甲骨と呼吸筋群

肩甲骨は、肩・腕・呼吸筋群に大きく影響しています。肩甲骨のスペースが狭くなると、首や肩の慢性的な凝りから反り腰を引き起こし、腰痛が治らないことも…。肩甲骨周辺の呼吸筋群が硬いと、ぜんそく、気管支炎、せき、肋間神経痛にもなりかねないので日ごろからケアしましょう。

肺の活動に関係している菱形(ひょうけい)筋と前鋸(ぜんきょ)筋は、呼吸筋群の中でも重要な部分。肩甲骨の動きをスムーズにし、関連する菱形筋と前鋸筋がほぐれると肋骨の柔軟性が高まり、それにともなって呼吸が深くなります。

肩甲骨をほぐすストレッチ

呼吸をスムーズにしてリラックスしようとするよりも、肩甲骨周辺をほぐしたほうが、早く簡単に自分の呼吸を感じられるようになりますよ。ストラップを用意して試してみて。

◇バック
腕を上げた時にワキが張ったり、肩に違和感がない幅でストラップを持ち、緩まないように後ろに下ろす。途中でキープし肩甲骨を伸ばす。

◇サイド
ストラップをまっすぐ張ったまま、左右に体を倒す。肋骨と肋骨の間を広げ、ワキに伸びを感じよう。肩甲骨と前鋸筋の境目をストレッチできる。

◇スパイラル
ストラップを肩幅の長さで輪にし、手首にかける。ヒジを曲げ、右に重心を移動しつつ上体を倒す。さまざまな方向に回旋し、腕を動かす。左側も同様に行う。

ライター:安藤けいこ
出典:yogini vol.44 「新・用具通信」
監修:原田優子/フィジカルナビゲーター。アロマセラピスト。STUDIO PIVOTにて、機能解剖学のプログラム構成を行うと同時にトリートメントルームを運営。関節機能を整える「ユルメディトリートメント」を開発し、女性の一生を体から支える取り組みを行う。セルフケア中心の「女性のためのこつばん塾」などを定期開催。

Share

Profile

YOLO 編集部

YOLO 編集部

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

No more pages to load