Brand

  • YOLO
  • Yogini
  • 楽園ゴルフ
  • トリコガイド
  • ei cooking

鍛えないと老け顔に!?自宅でできる表情筋トレーニングでセルフケア

必要なのは表情筋のトレーニング

日頃から意識的に表情を動かしていますか?30種類以上ある顔の筋肉は、体と同じように使わないと衰えてしまいます。ランニングやヨガなどのワークアウトをするように、顔の筋肉である表情筋のトレーニングも取り入れましょう。

特に顔の下半分は印象を左右するといわれているほど重要な部分。そこで、顔専門のトレーニングジム「FACE LIFT GYM」のチーフトレーナーに「ここはケアするべき!」という筋肉にアプローチする、自宅でできるトレーニング方法を教えてもらいました。

■咬筋のリリースケア
咬筋(こうきん)とは、噛みしめたりするときに使っている筋肉です。咬筋は使いすぎの傾向にあるため、鍛えるよりもリリースしてケアしていきましょう。

STEP1 指を丸めて軽く握る。
STEP2 人差し指の第一関節から指先を頬骨の下のくぼみに沿うように押し当てる。
STEP3 そのまま口を軽く開けて下あごを左右に動かす。
20秒を目安にほぐれた感じが出るまで続ける。

■胸鎖乳突筋ケア
横を向いた時に、首の部分にエラのように出てくるのが胸鎖乳突筋です。刺激することでめぐりがよくなり、表情筋のケアの効率を高めてくれるので同時に行いましょう。

STEP1 胸鎖乳突筋を隠すように手の腹をのせる。
STEP2 上から下になでおろす。
STEP3 左右5回ずつを目安に温かくなってきたら反対側も同様に行う。

どちらの方法も過度な摩擦を防ぐために化粧水や乳液ですべりをよくした状態で行ってください。

 

取材協力:
FACE LIFT GYM
顔専用のパーソナルトレーニングジム。最新の美容機器を使った表情筋のトレーニングなど、悩みに合わせてトレーニングが行える。

ライター:木川誠子

Share

Profile

YOLO 編集部

YOLO 編集部

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

No more pages to load