Brand

  • YOLO
  • Yogini
  • 楽園ゴルフ
  • トリコガイド
  • ei cooking

どうしてヨガは気持ちがいいの?フィットネスとの違いとは

ヨガでかく汗が心地いい理由

ヨガをしてかく汗は、なんだか心地いいと思いませんか?それは筋肉が動き、血流がよくなるから。汗は、筋肉が動いて体温が上がった時、皮膚から熱を蒸発させ、体温を下げるために出るもの。その一連の体の作用がうまく働いたことが、心地よさにつながるのです。

これは、体に備わっているホメオスターシスという、体の状態を安定させるために起こる、とても合理的なシステムです。

もちろん、フィットネスなどで運動した後にも汗は出ますね。では、ヨガと一般的なフィットネスとの違いは何でしょうか?その違いは、ヨガは呼吸を意識することが大事な要素にあるからです。

自律神経を整える動き

運動すると、自律神経系を構成する交感神経の働きが上がりますが、呼吸を意識すると、今度は副交感神経が上がります。さらにヨガでは、最後に緩めるポーズを行い、最終的にはシャヴァーサナで休みます。この時、急激に副交感神経が上がり、緩んでいくのです。

汗の量は、フィットネスでもヨガでも基本的には変わりません。ただ、シャヴァーサナで休むことで副交感神経が上がり、筋肉に流れていた血液が内臓にも流れ始め、内臓の動きもよくなります。

体にとっては、どこかで緊張した交感神経を緩めて、副交感神経と逆転してもらうと、自律神経の安定に結びつきます。このように自律神経のバランスが整った状態を作れることも、ヨガで心地よい汗がかけることの大きな要因になっていると言えそうです。

ヨガで冷え性を解消できる?

これから夏にかけて、エアコンが必需品。夏といえど、エアコンの冷たい風で体が冷えてしまう人はたくさんいます。冷え性の人達の典型的な特徴は、筋肉が少なく、それに比例して脂肪が多いこと。だからそのままの体で運動をしても体温が上がりにくく、効果を感じられません。

せっかくヨガの練習に慣れてきたのなら、汗が出ない、効果が感じられないと早々にあきらめないでくださいね。レッスンの頻度を上げることが大切です。

筋肉量を増やせば、体温が上がるようになり、汗もかけるようになります。ヨガは、自分の体重を使って筋肉を鍛え上げる運動です。続けていけば、自然と無理なく太い骨のまわりに筋肉がついてきます。

まずは筋肉をつけ、基礎代謝量の多い体になるまでレッスンを続けてみてください。

ライター:幸雅子
出典:『カラダの仕組みと使い方』/「体の循環のバロメータ?汗とヨガの関係」
監修:石井正則/医師。JCHO東京新宿メディカルセンター(旧東京厚生年金病院)耳鼻咽喉科・部長(現職)。’06年に大病になり、入院中にヨガと出会い回復のきっかけとなる。スタジオ・ヨギーの後任インストラクターとなり、さまざまなヨガを学ぶ。

Share

Profile

YOLO 編集部

YOLO 編集部

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

No more pages to load