Brand

  • YOLO
  • Yogini
  • 楽園ゴルフ
  • トリコガイド
  • ei cooking

最近笑ってる?明るい表情を作るための顔エクササイズ

顔もしっかり筋肉を刺激しよう

笑うことや、顔の表情を大きく動かすような習慣が少ないと、どうしても顔の筋肉は衰えてしまいがち。無表情のままでいると、使う筋肉は少なくなる一方です。仕事などで笑顔を作る習慣がある人は、通常の時も口角が上がりやすく、明るい印象になりますよね。

もともとの顔のパーツだけでなく、普段から使っているかどうかが、とても重要なのです。体のトレーニングやエクササイズは一生懸命頑張るけれど、見落としがちなのが実は顔。顔も同じようにセルフケアして、筋肉を刺激してあげましょう。

表情は心にも影響する!

顔の筋肉をしっかり使って明るい表情になることは、見た目に影響するだけではありません。ニコニコと笑顔を作ると、自分の心も明るくなってきます。実際におもしろいことがなくても、笑顔を作ることは心に影響するのです。なんだか気分が沈んでいたり、元気がないと感じたりする時には、ぜひ顔を大きく動かして、にっこりとしてみてくださいね。

声を出しながら表情を動かそう

鏡を見ながら声を出して、顔を動かしてみましょう!普段大きく顔を動かすことはあまりないので、最初は大変に感じるかもしれません。自分のペースでチャレンジしてみてくださいね!

◇鏡があれば鏡を見ながら「あいうえお」の発声をしながら顔を動かす

1.「あー」と声を出しながら、できるだけ大きく口を開ける。この時、目も大きく見開いてみよう。
2.「いー」と声を出しながら、口を横長に広げる。上下の歯は近づいている状態。
3.「うー」と声を出しながら口を突き出し、中央に顔のパーツを寄せるように動かす。目はギュッと閉じる。
4.「えー」と声を出しながら口を大きく横に動かし、広がった口から舌を出す。
5.「おー」と声を出しながら、口を縦に広げる。ほうれい線を引き伸ばすように。

エクササイズをすると、顔が温かくなる感覚を感じるでしょう。大きく顔を動かす習慣を作って、キュッと引き締まったイキイキとした顔を目指しましょう!そして、ぜひ普段の表情に生かしてみてくださいね。

ライター:櫻井麻美
大学在学中に世界一周をし、卒業後は日本各地に住み込みで働きながら生活を送る。既存の価値観の中で生き方を考えることに違和感を覚え、自分はどうやって生きるのか?何をして生きるのか?について探求している。「生きること」をテーマにさまざまな角度から発信している。

SHARE

PROFILE

YOLO 編集部

YOLO 編集部

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

No more pages to load