Brand

  • YOLO
  • Yogini
  • 楽園ゴルフ
  • トリコガイド
  • MY LIFE RECIPE
  • RUNNING style

指ヨガで背骨の柔軟性を取り戻そう!

指ヨガで体の緊張を取ってみる

日常生活ではなかなかしない背中を反るという動き。腰が痛くなりがちな人は、特に苦手なポーズかもしれません。

その悩み、指ヨガをすれば一瞬でなめらかに修正できてしまうかも。体が動きにくいのは、本来持っている能力がジャマされているということ。体の原理を知り、そのジャマを取り除いていきましょう。

コブラのポーズはこちらから。動画でチェック!
「 胸を大きく、首をスッキリするポーズ」

背中の反りをなめらかに修正する方法

1:コブラのポーズ、上記ページの03.「息を吸いながら、背中を反って上半身を上げる」までやったところからスタート。恥骨はつけて、上体を起こして体を反ってみる。股関節の伸展や、背骨の柔軟性が要求される動き。自分の体の状態を確かめる。

2:指ヨガを行う。
・背骨に対応している中指の第二関節あたりを、指で押しながら手首から反らす。これを両手とも3回ずつ行う。

・股関節に対応する親指のつけ根を揉みほぐす。

・尾骨に対応する中指の手の甲側の骨を、赤くなるまでこすって気を通す。

3:再び上体を反らしてみる。

修正する前と比べて、反る時のなめらかさが明らかに変わっていませんか?手は脳に一番影響するので、効果が現れやすいのです。ぜひ試してみてくださいね。

ライター:幸雅子
出典:『Yogini』vol.32/「ヨガのための股関節矯正」
監修:龍村修/龍村ヨガ研究所所長、NPO法人沖ヨガ協会理事長。1973年に求道ヨガの世界的権威、沖正弘導師の内弟子に。導師没後、沖ヨガ修道場長を経て、’94年に独立。国内外でヨガの指導に従事。

Share

Profile

YOLO 編集部

YOLO 編集部

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

No more pages to load