Brand

  • YOLO
  • Yogini
  • 楽園ゴルフ
  • トリコガイド
  • ei cooking

疲れやむくみ、老廃物を全部流してスッキリ!逆転のヨガ|渡辺由布子の免疫力UPヨガ6

冬は体が冷えやすく、体が縮こまったりしやすいですよね。体温が1度下がると、免疫力が30%下がると言われています。そこで、ヨガインストラクター・渡辺由布子さんによる「寒い季節を元気に過ごす!免疫力UPヨガ」を全7回にわたってお送りしています。

渡辺由布子さんが教える「寒い季節を元気に過ごす!免疫力UPヨガ」

ヨガで体を動かすと、ポカポカと温まって基礎代謝が上がります。ヨガを通じて、風邪などの病気に負けない体を作っていきましょう。体が温まるだけでなく、姿勢や呼吸の改善にもつながるので、体の調子がきっと整うはず。このシリーズでは、「仰向け」や「逆転」など、姿勢ごとに7回に分けてヨガをご紹介しています。

寒い季節を元気に過ごす!
免疫力UPヨガ
一覧を見る

逆転のヨガ「疲れやむくみ、老廃物をスッキリ!」

第6回は、「逆転のヨガ」をご紹介します。逆転とは、下半身を頭より上にあげるポーズ。腰に不安のある方はタオルやブロックで補強しましょう。では、一緒に行っていきましょう。

魚のポーズ

マットの上に仰向けになり、両ヒザを曲げてお尻の下に両腕を全て入れこみます。肩、ヒジをそれぞれ寄せ合い、手のひらは下向きにセットします。安定したら両脚を伸ばしましょう。

吸う息で手のひらと両ヒジでマットを押し、上半身を浮かせます。そのまま頭頂部をマットに下ろします。胸を開き、深い呼吸を繰り返しましょう。

魚のポーズのポイント

  • 頭のてっぺんにあるツボ「百会(ひゃくえ)」を刺激して、目をスッキリさせましょう
  • のどの前側を伸ばしてフェイスラインを美しくしましょう

肩立ちのポーズ

仰向けになり、背中の下に両手を入れます。両脚を天井方向に持ち上げます。
吸う息でヒジを使ってマットからお尻を浮かせましょう。安定したら両手を腰に添えます。

肩立ちのポーズのポイント

  • 両ヒジは内側で寄せ合うようにしましょう
  • 下腹部を使って足先をまっすぐな状態に保ちましょう

鋤のポーズ

肩立ちのポーズのまま、両足を頭の向こう側に下ろしていきます。足が床につく方は、つま先を床に下ろして内側に向けましょう。
余裕があれば、背中から手を離してマットの上で手を組みます。組んだ手はマットの向こう側に遠く伸ばし、肩と肩甲骨を寄せ合っていきます。
最後は手を背中に戻し、ゆっくりと背骨の上から順番に背中をマットに戻します。次に体幹を使って足をゆっくりマットに下ろしましょう。

逆転のポーズをしたときは背中が反っているので、背中を丸めて腰のマッサージをすると効果的。両手両脚を上にあげてブラブラさせる動きも行っておきましょう。

鋤のポーズのポイント

  • 首を痛めている方は無理に動かさずお休みしましょう

いいことずくめの「逆転」のポーズ

逆さまになることで、血行促進、むくみ解消のほか、内臓を正常な位置に戻す効果も期待できます。血流をよくすることで脳を休ませることもできるので、お休み前にも効果的です。最終回の第7回は、「仰向けのヨガ」をご紹介します。お楽しみに!

 

<モデル&監修>
渡辺由布子

ヨガインストラクター、モデル。1983年、埼玉県生まれ。ヨガインストラクターとして、体幹も心も鍛えられるヨガの魅力を伝えている。YOLOでもトラベル記事の執筆を担当するなど多方面で活躍中。

寒い季節を元気に過ごす!
免疫力UPヨガ
一覧を見る

※動画の無断転用は禁じます。

YouTube公式チャンネルやSNSも!

最新の配信情報を見逃さないように、YouTube公式チャンネルを登録していただくのがおすすめです。YOLO公式SNSではアンケートなども不定期で行っています。ぜひフォローしてくださいね!

YOLO公式チャンネル

YOLO公式Instagram

YOLO公式Facebook

Share

Profile

YOLO 編集部

YOLO 編集部

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

No more pages to load