Brand

  • YOLO
  • Yogini
  • 楽園ゴルフ
  • トリコガイド
  • ei cooking

ダイエット器具おすすめ10選!宅トレで「巣ごもり太り」を解消

ダイエット器具で宅トレをバージョンアップ!

リモートワークが増え運動不足気味。「巣ごもり太り」を実感し、ヨガや軽めの筋トレを始めたけれど、もう少し負荷をかけたいと思っている人も多いはず。そんなお悩みにピッタリなのが簡単で効果的なダイエット器具!でも、どれを選んで良いか分からない……という人に向けて、YOLO編集部おすすめのダイエット器具をご紹介します!

ダイエット器具は目的に合わせて選ぼう

本来「食事制限」という意味のダイエットは、「痩せる」と同義に扱われています。そして、健康的に美しく“ダイエット”するには適度な運動が不可欠。そこで活躍してくれるのが、ボディメイクのための運動をサポートしてくれる頼もしい味方であり、相棒になってくれるダイエット器具なのです。

また、健康維持にも、息が弾み汗をかく程度の適度な運動を30分程度、週2日行うのがよいとされています。外出しにくく、家で運動不足を解消したい!というときにも器具があったほうが、体を動かすことに意欲的になれますよ。

初めての場合には、目的に合わせて選ぶのが正解。3つのパターンでご紹介します。

運動タイプからダイエット器具を選ぶ

当然ながら、トレーニングしたい内容によって、ダイエット器具は変わってきます。現在行っているトレーニングを強化させる、あるいは、苦手なトレーニングを楽しくラクにする、といった観点からダイエット器具を選ぶ場合のポイントはどこにあるでしょうか。5つのカテゴリーごとにみていきましょう。

1.筋トレ

引き締まったボディメイクに欠かせない筋トレ。自重で行う二の腕や背中をスッキリさせる宅トレが物足りなくなってきたら、ダンベルやチューブを利用してみましょう。最初は、ダンベルなら500g~1kg程度の軽いもの、チューブなら伸縮性の高いものなど、負荷が低いものを選び、だんだんとレベルを上げていくのがベター。現在の体力で「ゆっくりと行う10回×3~5セット」が最後までしっかりできるかどうか、がチョイスのポイントです。

2.体幹トレーニング

ポッコリお腹の引き締めに効果的な体幹トレーニング。自力でバランスをとりながら、自然と体幹が鍛えられるバランスボードやボールがおすすめ。これらを選ぶときにチェックすべきポイントは素材。全身を安心して預けられるしっかりとした作り、そして厚みがあるのかを確認していきましょう。

3.有酸素運動

代謝を上げ、効率よく脂肪燃焼を促してくれる有酸素運動を自宅で簡単に行うためのダイエット器具も数多く出ています。ステッパーやバイクが定番ですが、比較的場所をとるものなので、トレーニングする際に周囲に安全な空間がとれるサイズかどうかの確認は必須。また、飽きずに続けるためにも、負荷のバリエーションがあるものがベターです。

4.ストレッチ

もしかしたら、ストレッチがもっともダイエット器具の有用性を感じられるトレーニングといえるかもしれません。こっている部分、伸ばしたい部分を効率よく、気持ちよくほぐしてくれるアイテムとしては、円柱状のポールやボールがおすすめ。初めての人は、表面が滑らかなものを選ぶといいでしょう。肩や背中がゴリゴリで、痛気持ちいいマッサージが好きという人は、凹凸があるもののほうが満足感を得られます。

5.ながら運動(電動)

家事をしながら、くつろぎながら効果を得られるダイエット器具は、時短にも繋がります。もっとも定番なのはEMSですが、独特の刺激があるため「くすぐったくてできない」「ピリピリして苦手」という人もいます。あまり微弱だと効果が実感しにくいので、自分の感度と相談しながら選んでみましょう。また、本体は安価でも消耗品の粘着ジェルが高額の場合も。「買い足すのが面倒で使わなくなってしまった」というのも“あるある”です。継続しないとムダになってしまうので、そのあたりもチェックポイントとなるでしょう。

引き締めたい部位からダイエット器具を選ぶ

二の腕や背中の引き締めには、ダンベルやチューブでのトレーニングが有効です。お腹スッキリを目指すなら、バランスボードやボール。EMSでのながら筋トレも選択肢です。チューブは太もも、ふくらはぎ痩せにも使えます。そして、運動前にカラダを緩めないとせっかくのトレーニングの効果が得にくいので、有酸素運動とストレッチ用のダイエット器具は、最初に吟味してほしいところです。

毎日できる手軽さでダイエット器具を選ぶ

せっかく手に入れたダイエット器具も使わなければ意味がありません。もっとも多いのが「片づけたら出さなくなってそれきり」というパターンです。それを防ぐためにも、そのダイエット器具にインテリアを損なわないデザイン性があるかどうか、「かわいい」「好き」と思えるかどうか、そして、置きっぱなしにしていても「邪魔」にならないサイズ感であるかどうかのチェックが必要。ダイエットを続けるには「気分」も大事。使いやすさや機能チェックに加え、使うことにワクワクできるものを選んでいきましょう。

YOLO編集部おすすめのダイエット器具10選

ここからは、YOLO編集部がおすすめするダイエット器具を目的別でご紹介していきます。ご自身に合ったダイエット器具を選んで、運動不足を解消しましょう。続けていくことで、自分の理想としている体にも近づけるはず!

筋トレにおすすめのダイエット器具

ダンベル

PROIRON ダンベル 有名フットネスジムでも多く採用されているPROIRONのダンベル。ソフトコーティングされているので汗をかいても持ちやすく、何より見た目がかわいい!というのがポイント。カラーバリエーションも絶妙でハイセンス。1〜5、8、10kgと重さを選べるので、少しずつ負荷を上げて、全色揃える楽しみ方も◎。

ペットボトルでもOK?!自宅トレにあると便利「ダンベル」の基本とは?

トレーニングチューブ

Lintelek トレーニングチューブ

色によって強度が違うチューブバンドの5本セット。まずは、もっとも弱いグリーンから始めて、トレーニングの進み具合でブルー、イエロー、レッド、ブラックと使っていけば、最後は「黒帯!」の達成感も得られそう。天然ゴム製で高弾力、すべらず、しっかりと部位をホールドしてくれるので、ストレスなく効果的なトレーニングができます。

女子の特権!くびれたウエスト、ぺたんこ下腹を作る「エミ流ゴムバンド・トレーニング」

 体幹トレにおすすめのダイエット器具

バランスボード

EVERYMILE バランスボード

高低差10 cm、360度回転可能なバランスボード。40cmのコンパクトサイズで、室内でも使いやすく、持ち手がついているので移動も片付けもラクラク。耐久性のあるプラスチック製だから、アウトドアでも使えます。ボードの表面に滑り止め加工が施されているので安心して使えるというのもポイント。

バランスボール

【Amazon限定ブランド】プリマソーレ(primasole) フィットネスボール 空気入れ付き

女性向けフィットネスブランドとして2019年4月に誕生したプリマソーレは、運動初心者やライトユーザーのための高品質なアイテムを提案するアマゾン限定ブランド。耐荷重300kg、穴が開いても破裂しないノンバースト仕様、45㎝から10㎝刻みで75cmまで4サイズで選べると、本格派仕様なのにお手頃なお値段なのも嬉しい。カラバリは5種類あります。

有酸素運動におすすめのダイエット器具

健康ステッパー

【2021年 全6色】「公式」PYKES PEAK(パイクスピーク 3D ステッパー)

ゴルフブランドとしても有名なパイクスピークのステッパー。最新版は全6色で、騒音防止のマット付き。「20分でウォーキング60分と同じ運動量が叶う時短アイテム」として、広く評価されています。ステップ回数と消費カロリーがひと目でわかるディスプレイは、モチベーションアップにひと役。付属のトレーニングチューブを併用すれば、二の腕の筋トレも同時にできてさらに時短!

フィットネスバイク

FITBOX LITE 第3世代フィットネスバイク

「第三世代」を謳ったコンパクトサイズのトレーニングバイク。クロスバイクと同じ、前傾姿勢がとれるタイプで、より高い脂肪燃焼効果が狙えます。運動中の動作音を最小化させる最新システムを搭載し、静穏性も文句なし。運動中の騒音組み立てが苦手な女性のために、最低限の工程でできるよう工夫されている点も魅力。何より見た目がカッコいい! 負荷レベルは8段階。

ストレッチにおすすめのダイエット器具

フォームローラー

IMPHY(インフィ) フォームローラー Foam Roller 【正規品】

筋膜リリースギアの老舗、インフィのストレッチ用ポールは、とにかく色がかわいい! お部屋の床やソファに転がしておいても、写真を撮っても「映える」のです。最大荷重は290kgあるから、安心して全体重をかけられます。写真のキャンディカラーがかわいい「シトラス」のほか、ブルー系のオパール、ピンク系のベリーなど、全6色。

ストレッチポール

LPN ストレッチポール(R)EX

ブランドにこだわるならこれ一択! ストレッチ界にストレッチ用ポールのブームを生み出したLPNのほかありません。この形状のダイエット器具をストレッチポールと呼びがちですが、この名称はLANの商用。なので、本来はLANのものしか「ストレッチポール」と呼べないのです。アイボリーやからし色、ライトグリーンなど、「ガチ感」がマイルドな、ちょうどいいカラーもあります。

電動で“ながら運動”ができるおすすめのダイエット器具

振動マシン

「2020 最新版」 SYOSIN 振動マシン

コンパクトなのにパワフルな振動マシン。全身に振動を感じながら、有酸素運動・筋トレ・バランス運動が可能。直立で10分間乗った場合の効果は、腹筋運動なら420回、ヨガなら35分、ジョギングなら1時間相当!足を置く位置や開き方、姿勢によって効く部位が変わるので、全身の筋肉をくまなく鍛えられます。低強度モード付きで、運動後の緊張した筋肉をゆるめる効果も。Bluetooth対応のスピーカーが内蔵されているので、音楽をかけながらトレーニングできるのもポイントです。

EMS腹筋ベルト

シックスパッド アブズフィット2 SIXPAD Abs Fit 2 MTG

高品質でスタイリッシュなビューティ&ヘルスアイテムに定評あるシックスパッドのEMS腹筋ベルト。中央からパットが6つに広がった本体デザインは、まさに6つに割れたおなかをイメージさせてくれます。充電式なのでつけたままの移動もストレスなし。中央のボタンを押すだけという簡易操作も魅力です。Bluetooth搭載で、アプリと連動させれば、日々の筋トレの可視化も可能。モチベアップにつながりそう!

目的に合ったダイエット器具を見つけて体を引き締めよう!

今や、ダイエットは女性のライフスタイルの基軸。しかし、それが義務になったりプレッシャーになったりすれば本末転倒、豊かになるべき心まで痩せてしまいます。以前、女性から絶大な支持を受けている美ボディなモデルさんにインタビューしたとき、「ストレスを感じたとき、食に走るよりも運動をしたほうが、体も心もスッキリするから。私はそういう生き方を選ぶ自分が好き」と教えてくれました。そんなふうにダイエットと向き合っていけたらステキですよね。

Share

Profile

YOLO 編集部

YOLO 編集部

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

No more pages to load