Brand

  • YOLO
  • ランドネ
  • BiCYCLE CLUB
  • NALU
  • 楽園ゴルフ
  • RUNNING style
  • MY LIFE RECIPE
  • Yogini
  • トリコガイド

悪い姿勢のままでは痩せられない!?自分の姿勢を見直してみよう

美しい姿勢作りは骨盤と腰がポイント

ダイエットに取り組む時、大切なのが心の在り方。ダイエットに適した理想的な心理状態をキープするためには、普段はコントロールしにくい心(=食欲)を静めることが大切です。それには呼吸を介在させるのがオススメ。

ところが慣れていないと、肝心の呼吸がなかなか思うように深まらないということに気づくかも。

では、どうしたら効果的な呼吸法を行えるようになるのでしょうか?そこで切り札となってくるのが「姿勢」です。いい呼吸を行えるような姿勢の基本ルールを身につけましょう。

悪い姿勢はシェイプアップの敵

悪い姿勢は見た目が美しくないだけでなく、呼吸が滞り、代謝が悪い体質を招いてしまいます。つまり、シェイプアップにもマイナス要因になってしまうのでもったいない!

正しい姿勢で最も大切なポイントは、体の中心である骨盤の安定感を高めること。骨盤を安定させるためには、大地に対して体全体のバランスを整えることが必要です。

美しい体を作る「姿勢」のポイント

後頭部

骨盤底から腰、背中、首筋が自然にスーッと上に伸びて、後頭部を抜けていく感覚をイメージしてみましょう。

胸は息を吸う時に開くように意識。それと同時に、肩をほんの少しだけ下げると、背筋から後頭部が伸びます。

骨盤が安定していると腰まわりも自然に安定します。息を吸う際、お腹を軽く締め、同時に腰をつり上げると、背筋がスッと伸びます。

骨盤底と会陰部

全身の重心である骨盤の安定性を作るカギとなるのがここ。内モモのつけ根を軽く内側に寄せるようにすると締まりやすい。

足裏の重心(立っている時)

体重が小指側に偏らないように注意。土踏まずに重心があるようにイメージしましょう。若干内側に体重をかけて、骨盤が開くのを防ぐのがコツです。

骨盤と腰を安定させれば、背筋が自然に伸びます。その他のポイントは、最初は意識しておくだけでOK。力まず気負わず、トライしてみましょう。

家やオフィスでやっていない?ダメ姿勢の代表

反対にダメ姿勢の代表が「猫背」。背中が丸く、前のめりになった猫背の状態では、肺のまわりが圧迫され、肋骨と横隔膜がスムーズに動かせません。結果呼吸が浅くなってしまいます。

また意外なのが「力の入れすぎ」。いい姿勢を作ろうとして背筋をピンと張りすぎると、筋肉が緊張して、柔らかい呼吸ができません。緊張する場面こそ、力を抜いていきましょう!

姿勢が整えば、呼吸がしやすくなり、ひいては心のコントロールが行いやすくなります。心が安定すれば、食べすぎなどを避けることができ、ダイエットやシェイプアップ効果を簡単に上げることが可能。だから、まずは自分の姿勢を見直してみましょうね。

Share

Profile

YOLO 編集部

YOLO 編集部

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

No more pages to load

x