Brand

  • YOLO
  • ランドネ
  • BiCYCLE CLUB
  • NALU
  • 楽園ゴルフ
  • RUNNING style
  • MY LIFE RECIPE
  • Yogini
  • トリコガイド

呼吸のために、「体の土台」を整える

呼吸=エネルギーのコントロール

いつもは何げなくしている呼吸。ヨガのポーズを取る時など、意識すると急に苦しく感じたりすることがあります。せっかくなら、呼吸と体の連動力を高めたいものです。

呼吸というのは、ただの空気の出し入れではなく、エネルギーのコントロール。呼吸を通してエネルギーをコントロールする力を身につけることができれば、無駄なエネルギーを使わずに日常を過ごせるようになるのです。
まずは呼吸がしやすくなるように、体の土台を三つのステップで整えていきましょう。

呼吸がしやすくなるように体の土台を整えよう

呼吸をする時には、「呼吸筋」と呼ばれる肋間筋(肋骨と肋骨の間にある筋肉)や横隔膜が動きます。肋間筋と横隔膜が硬いと、息を吸った時に胸腔内が広がらず、呼吸が入りづらくなります。まずは肋間筋と横隔膜がある、みぞおちを緩めていきましょう。肋骨が広がりやすくなり、横隔膜も動きやすくなるので、呼吸が快適になるはずです。

1:鎖骨の下をほぐし肋骨を広げやすくする
息を吸った時に肋骨が広がりやすくするために、鎖骨下のくぼんでいる部分と、肋骨と肋骨の間をほぐす。

鎖骨下に指を当てたら、押しながら左右にギュッギュッとこする。硬さがほぐれるまで行う。胸が邪魔しなければ、肋骨と肋骨の間を、上から順番に、できるところまでほぐしてみる。

2:みぞおちを緩め、横隔膜を柔らかく
横隔膜を緩めるために、手の指でみぞおちを刺激する。やる前とやった後では、吸った時の呼吸の入り方が大きく変わってくる。

指をみぞおちに当て、息を吐きながら背中を丸め、指圧するように奥まで押し込む。顔を上げて一度吸ったらもう一度。3回繰り返す。

3:ブロックをのせてお腹の動きを確認
お腹にブロック(ヨガのプロップス)をのせて、腹式呼吸ができているかを確認する。吐いた時にブロックが下がり、吸った時に上がっていたらOK。

仰向けになったら、お腹にブロックをのせて腹式呼吸を繰り返す。重みがあるのでお腹の動きを自分で確認しやすい。軽い場合は2個重ねて。

ライター:幸雅子
出典:『カラダの仕組みと使い方』/「最新版 呼吸のメカニズム」
監修:龍村修/龍村ヨガ研究所所長、NPO法人沖ヨガ協会理事長。1973年に求道ヨガの世界的権威、沖正弘導師の内弟子に。導師没後、沖ヨガ修道場長を経て、’94年に独立。国内外でヨガの指導に従事。

Share

Profile

YOLO 編集部

YOLO 編集部

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

No more pages to load