Brand

  • YOLO
  • Yogini
  • 楽園ゴルフ
  • トリコガイド
  • ei cooking

その食品、大丈夫?コンビニフードの表示チェックでわかること

その食品、本当に欲しい栄養が含まれてる?

健康で美しい体のために、食事には気をつけたいけど、常に自炊というのは難しいもの。食事は毎日続くものだから、頑張りすぎて続かなかった…というのは本末転倒。外食やコンビニも上手に活用したいですよね。ただ、気をつけてほしいのが、原材料!知らずに余計なものを食べてしまわないためにも、原材料のチェック方法を知っておくのは大切です!

コンビニフードは、原材料欄と栄養成分表示をチェック!

すぐに使える便利な食材、加工品や冷凍食品といったコンビニフードを選ぶ際は、原材料を見る習慣をつけましょう。

チェックすべきは原材料欄と栄養成分表示の2つ。原材料は基本的に使用重量が多い順に記載されるので、最初のほうに記載されたものが多く含まれているということになります。

タンパク質主体だと思っていた食品に、砂糖やデンプンが多く使われたいたら、糖質も多いということ。

代謝を妨げる恐れのある添加物の量も、原材料欄でチェックできるので、よくわからない名称が多発したり、保存料や着色料などが多く使われているものは控えるのが賢明です。

栄養成分表示では、狙いを定めた栄養が含まれているかを確認。特にチェックすべきタンパク質、脂質、炭水化物(糖質)。炭水化物は糖質と食物繊維を合わせたものなので、炭水化物量が多く、食物繊維が少なそうなものは、糖質が多いと考えましょう。

例えば、ある「焼きちくわ」の原材料。本来、魚肉がメインのちくわに、砂糖、デンプン、ブドウ糖、みりん、甘味料など糖質を多く含むものがたくさん使われています。

栄養成分は、魚肉が主体であれば、タンパク質が多く含まれるはず。なのに、実際は炭水化物(糖質)が多い…なんてことも。

健康な食生活で美ボディを作るためにも、原材料は何か、摂りたい栄養が含まれているかチェックする習慣をつけましょう!

出典:『筋トレ 最高の食事術
監修:川端理香/管理栄養士。昭和女子大学非常勤講師。2004年アテネオリンピック「VICTORY PROJECT」チーフ管理栄養士、2008年北京オリンピック委員会強化スタッフ。多くのトップアスリートをサポートしている。
ライター:YOLO編集部

Share

Profile

YOLO 編集部

YOLO 編集部

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

No more pages to load