YOLO

HEALTH & BEAUTY

肌老化は昼間に進行! メーク直しはいつすれば効果的?

崩れやすい夏場のメーク
でも2人に1人しかメーク直しをしていない

夏場はいつメーク直しするのが効果的でしょう?答えは「ランチ後」。

昼すぎのメーク直しには訳があります。朝と夕方の肌状態の変化を比べた時、朝を100とした場合、夕方では水分量が15%、弾力が22%もダウンするとされています。また、一日の皮脂量の変化は12時がピーク。夕方のほうが、目尻に沿って小じわが目立ってきてしまいます(ポーラ研究所調べ)。

それなのに、30〜40代の毎日メイクする女性に行ったアンケートの結果、ランチ後にメーク直しをする人は、ほんの38%!

理由は「時間がないから」でした。とってもよくわかります!そこで、朝のスキンケアのポイントを押さえて、メーク崩れの原因を極力避けるのがオススメ。その秘訣は、意外かもしれませんが「保湿力を高める」ことなのです。

保湿力を高める朝のスキンケアのポイント

潤いを持続させるため、浸透力を高めることは重要。一方で、保湿力を高めるために、過剰にスキンケアを重ねることは、かえってメーク崩れの原因になります。この季節は、スキンケア品の保湿力を高める導入美容液がオススメです。

ディセンシア エンリッチ ブースターセラム

肌にすっとなじみ、スキンケアを聞かせる肌へと導くブースター。
次に使用するスキンケア品の浸透を促し、保湿力を高めます。
内容量:36mL
価格:7,560円(税込)

時間帯でファンデを変える

日中肌を守ってくれるファンデーションですが、夏場は皮脂や汗などで崩れやすく、保護効果が低下しがち。肌にダメージを蓄積させないためにも、メーク直しを上手に活用してみてください。繰り返しになりますが、皮脂分泌のピークをすぎたあたりのランチ後がベストタイミングです。

◇メーク直しのポイント
午前中にメーク直しをしたい時は、パウダータイプを選ぶとよいでしょう。午後以降は保湿ケアも兼ねて、保湿力のあるリキッドタイプやクリームタイプを使用することをオススメ。メーク直しの際は、ティッシュで皮脂や古いメークを一度しっかりと押さえましょう。

アヤナス モイスト フィニッシングパクト


SPF20 PA++
美容成分を含んだリキッドをプレス加工する「湿式製法」を採用。パウダーの常識を超えた、しっとり軽やかな感触。
容量:10.5g
価格:4,320円(税込)

 

夏も潤い美肌を手に入れていきましょう。

 

※アンケートはディセンシア調べ

ライター:幸 雅子

情報提供:DECENCIA https://www.decencia.co.jp

続きを読む

FEATURE