YOLO

LIFE

【YOLO的恋愛講座・セクシー編】何回目のデートでセックスがOK?

2017/11/01

嫌なら我慢しなくていい

何回目のデートでセックスをするのか…それは人によるので、正解はありません。あくまでも二人の問題で、人と比べることでもありません。ただ、まだセックスしたいと思っていないのに、相手に嫌われたくないあまり、嫌だけど我慢して応じるのならやめたほうがいいでしょう。そういう大事なことを我慢していると、二人の関係性は「あなたが我慢するもの」になっていきます。そして、その状態を続けることで「嫌」と言えない自分自身を嫌いになり、相手のことも嫌いになっていくかもしれません。それは、自分にも相手にも失礼です。

なぜ彼は誘ってくれないの?

その時にしたい気持ちじゃない、というだけではないでしょうか?男性も四六時中発情するわけではありません。また、「大事に思っているからこそ汚したくない」という気持ちの男性もいると思います。複数のことを同時に考えられない男性もいるので、「仕事」や「テレビ」など、その時に夢中になっていることがあると、性欲が起きないこともあります。

反対に、女性から誘ってもいいの?と悩む人もいるかもしれません。それも人によるし、それまでのつき合い方にもよります。誘われた時にどう思うかは、相手の男性があなたをどういう女性と思っているか、によるでしょう。また、男性が「性」に対してどういう考えを持っているか、ということでもあります。例えば、「女性がエッチであることに理解がある男性」は女性から誘われても気にしないし、むしろウェルカムでしょう。「女性にはあまりエッチなこと言ってほしくない男性」は、女性に誘われるとビックリするかもしれません。

ただボールを投げるのはあなたの自由で、投げたボールを打ち返すかどうかは相手の自由。投げるかどうかはあなたが決められるけれど、相手に打ち返すことを強いることはできません。逆の立場なら、あなたも強制されるのは嫌ではないですか?

あくまでも、あなたがどうしたいか

つまり、あなたがどうしたいのか、です。結局は、自分と価値観の合う人とつき合ったほうがいい。それを判断するのはあなたなのです。「性」にまつわることはデリケートなので、相手が不快に思わないような言動をするのは大事ですが、自分だけ我慢すれば関係が丸く収まると考えて、一人で抑圧的になるのは違うのではないでしょうか。

セックスのような大事なことを話し合えなかったり、お互いを尊重し合えない相手は、そもそもつき合うのをやめておいたほうがいいかもしれません。

 

柳田正芳
1983年生まれ。中央大学卒業(専攻は社会学)。性に関する世界最大の研究者組織「世界性の健康学会」の公式委員会YOUTH INITIATIVEのメンバー。思春期若者世代の性の悩み相談・悩み解決に携わる。その他、「両親学級」で講師をつとめたり、大人の性の相談を受けるなど、民間活動から行政の依頼事業まで幅広く活動

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE