YOLO

FITNESS & SPORTS

TOKYO SPEED GIRL R vol.5/続けることが、軸になる

2017/08/04

PR:デッカーズジャパン

女性ランニングチーム「TOKYO SPEED GIRL R」をフィーチャーしている連載企画。最終回は、メンバーの中で最もランニング歴が長い、又井ゆうこさんにお話を伺いました。9年間走り続けてきた中で、見た目だけではなく心も大きく変化をしたという又井さん。スポーツを続けることは、人生そのものを変えてしまう、魔法が込められているようです。

「ランニングを始めたのは27歳の時。住んでいたマンションの窓から、隅田川テラスを気持ちよさそうに走るランナーを眺めていたら、次第に走りたくなりました。当時の私は、脂肪も筋肉もないような細い体がコンプレックスで、肩コリや偏頭痛は日常茶飯事。常に不調を抱えていました。精神的にも、ささいなことをいつまでも気に病んではクヨクヨするタイプで…。どこかで、そんな自分を変えたいという思いもあったんだと思います。

そうして、走るようになってから徐々に体や心に変化を感じるようになり、3年たったころには生まれ変わったかのように体が元気になりました。筋肉がついたことで、見た目の印象も随分健康的になりましたね。気持ちの切り替えも早くなり、例えば仕事で落ち込むようなことがあっても、引きずらずに前進できるようになったのも、うれしい変化です。
走り続けるうちにマラソンにも挑戦したくなり、いつしかレースへの出場がモチベーションになっていきました。

大人になると、日常生活の中で達成感を得ることって、それほどないと思います。だから、マラソン出場に向けて、日々小さな目標をクリアしながら、練習を積み重ねていくのは爽快。それは、非日常の感覚です。体や心の変化を経た後は、こうした“目標を設定し達成する”という、ランニングの新たな楽しさに夢中になっていきました。
フルマラソンを3時間50分で走れるようになったあたりからは、スピード練習を取り入れるようになり、ランニングクリニックや教室などにも参加。本格的に記録を意識するようになりましたね。

走ることに夢中になるほどに自分の中に軸ができ、日常生活だけではなく、仕事にもメリハリが生まれ、時間の使い方もすごく効率的になったと思います。やはり、自分で決めたことを諦めてしまうのは嫌ですから。何も犠牲にせず目標を達成するには、どうすればいいのかを常に考えています。こうして思考錯誤をしながら、仕事とランニングを両立させる方法を考えるのもとても楽しいです。
今では走ることは生活の一部。辞めるという選択肢はありません(笑)。

ランニングは誰でもできる単純なスポーツですが、実はとても奥が深い。フルマラソンだけではなく、ウルトラマラソンやトレイルランなど、ひと口にランニングと言っても種目もたくさんあります。だから、目標が尽きないんです。

こうして、常に目標を持つこともそうですが、シューズなどのアイテムにこだわることも快適にランを続ける一つの手段。私は、ゆっくり走る時にはクッション性に優れたシューズをチョイスし、スピード練習の際には、軽いモデルを履くようにしています。目的に合わせてシューズを選ぶことは、足をいたわることにもつながるので、故障のリスクも軽減できると思いますね。今回は、HOKA ONE ONEの「CLIFTON 3(クリフトン3)」(17,000円)を選んでみました。プロテクションがしっかりしていて地面に接地した際の、ふわっとした感触がとても心地いい!ゆっくり、長く走るトレーニング時に重宝しそうです」

CLIFTON最新モデルはこちら
http://www.hokaoneone.jp/clifton-4/

かつて、虚弱体質で精神的な弱さにコンプレックスを抱いていたとは思えないほど、今の彼女はハツラツとした美しさをまとっています。体を動かすこと、そして、それを継続することは心と体をたくましくする軸となり、日常に輝きをもたらしてくれるようです。アクティブな女性が美しいのは、そうした内なる軸が、自然と備わっているからかもしれません。

さて、5回にわたって連載してきた女性ランナー4人のストーリーは、いかがでしたか?充実した毎日の中で美しさに磨きをかけたい。そんな思いを抱く多くの女性にとって、彼女達の活動には素敵なヒントが隠されているはずです。さらなる目標達成を目指して前進し続ける、「TOKYO SPEED GIRL R」の今後の美しい変化にも、ぜひ注目を。

【又井ゆうこさん】
ランニング歴9年のベテランランナー。ランニングを始めるまではインドア生活を送り、常に不調を抱えていた。2008年にランニングと出会ってからは、体も心も次第に元気になり走ることに夢中になる。会社勤めをしながら、日々トレーニングに励み、今ではマラソンだけではなくウルトラマラソン、トレイルランニングでも記録狙う

 

撮影:依田裕章 ライター:染矢真帆

続きを読む

FEATURE