Food

ご飯にも合う!肉や魚の「みそ漬け」で朝のお弁当作りをラクに!

2019/05/05

「みそ」を使えば、冷めても肉は柔らか、生臭さもカット

肉や魚が余ったときは迷わずみそ漬けにして冷蔵庫へ。みそはコクもあり、肉でも魚でも、どんな食材とも相性がいいのが特徴。

なかでも豚肉のロースや、かじきなどの白身魚はみそ漬けにぴったりの食材です。

みそに漬けるメリットはおいしくなることだけじゃないのです。みそには肉を柔らかくする酵素が含まれているので、ちょっと固めの肉でも問題なし。冷めても肉のジューシーさが保てます。

また、肉や魚の生臭みもとる成分が含まれているため、お弁当に入れても、嫌な生臭みがほかのおかずにうつることもありません。

今回は、豚肉とかじきをみそに漬け込んで作るお弁当のおかずをご紹介します。時間があるときに仕込んでおけば、朝は焼くだけ。ボリュームも満点なので、おかずの品数を減らしたいときにも重宝しますよ!

豚肉のみそ漬け
加熱前の状態で冷蔵で3~4日保存可

【材料】(作りやすい分量)
豚ロースとんカツ用肉…1枚

A
みそ…小さじ2
はちみつ…小さじ1

【作り方】
1 Aを混ぜ合わせて豚肉全体に塗る。保存袋に入れて冷蔵庫で一晩から3~4日漬ける。
2 1を取り出して余分なみそをふき取り、魚焼きグリルかフライパンで、弱火で火が通るまで両面を焼く。食べやすい大きさに切る。

副菜は、きんぴらごぼう、キャベツとなすの塩ナムル、プチトマト。

かじきのみそ漬け
加熱前の状態で冷蔵で3日保存可

【材料】(作りやすい分量)
めかじき…3切れ
みそ…大さじ2
みりん…大さじ1

【作り方】
1 みそとみりんをよく混ぜる。
2 かじきに1を均等になじませ、保存袋に入れて冷蔵庫で一晩~3日漬ける。
3 2を取り出して余分なみそを軽くふき取り、魚焼きグリルかフライパンで、弱火で火が通るまで両面を焼く。

副菜は、ピーマン卵炒め、スプラウトとかにかまの甘酢、プチトマト。ご飯はのり段々。

出典:『繰り返し作りたくなる! ラク弁当レシピ スペシャル』(著者:長谷川りえ)
ライター:楠田圭子

RECOMMEND