Food

料理のバリエーションが広がる!3種のグラタンソース作りをマスターしよう

2019/06/27

作りおきOK!おいしいグラタンがパパっと作れる

グラタンは作るのがちょっと面倒と思っていませんか?でも、そんなことはありません!好みの野菜や肉、魚介類、ソースをグラタン皿に入れて、あとは焼きあがりを待つだけ。じつはグラタンってとても手軽なレシピなのです。冷蔵庫に残っている食材を使いきってしまいたいときにも大活躍してくれますよ!

でも、おいしさをアップさせるためにひとつだけ手をかけてほしいのがソースです。手作りのグラタンソースには、缶詰やレトルトにはないうまみがあります♪冷蔵、冷凍保存もできるので、時間があるときに多めに作ってストックしておけば、いつでもおいしいグラタンがあっという間に作れてしまいます。

今回は、グラタンソースの定番、牛乳で作るホワイトソース、トマトがベースのトマトソース、ひき肉のうまみがたっぷりのミートソースの3つのソースをご紹介します。

ホワイトソース
グラタンの定番ソースといえば、クリーミーなホワイトソース。牛乳は一度に加えず、少しずつ混ぜるとなめらかに。

【材料】(約500g分)
バター…50g
薄力粉…50g
牛乳…500ml
塩…小さじ3/4
こしょう…少々
★薄力粉はふるっておきます。

【作り方】
1 鍋にバターを入れて弱火で溶かし、ふつふつと泡立ってくるまで加熱する。
2 薄力粉を加え、弱火でじっくりと炒める。
3 粉っぽさがなくなって煮立ったら、木べらなどで混ぜながら、牛乳を少しずつ加える。
4 なめらかになったら、塩、こしょうで味を調え、中火で混ぜながらさらに2分煮る。

【保存方法】
保存袋に小分けにして入れ、冷蔵で4~5日、冷凍で2~3週間保存可能。使うときは、冷蔵の場合はホワイトソース200gにつき牛乳50mlを加え、鍋で温めるか、600Wの電子レンジで2分加熱します。冷凍の場合は冷蔵庫に移して自然解凍したあと、冷蔵の場合と同様に温めます。
(レシピ:星野奈々子)

トマトソース
肉や魚介など、どんな素材にも合う万能ソース。仕上げにバターを加えることでコクや風味がアップします。

【材料】(約400g分)
玉ねぎ…1/2個
にんにく…1片

A
トマト(水煮缶詰)…1缶(400g)
塩…小さじ1/2
こしょう…少々
ローリエ…1枚

バター…20g
オリーブ油…大さじ2

【作り方】
1 にんにく、玉ねぎはみじん切りにする。
2 鍋にオリーブ油を熱して、にんにくを弱火で炒め、香りが出たら、玉ねぎを加えて中火で炒める。
3 玉ねぎがしんなりとしたらAを加えて混ぜながら煮立て、ふたをせずに弱めの中火で15分煮る。
4 3にバターを加えて溶かす。

【保存方法】
保存袋に小分けにして入れ、冷蔵で1週間、冷凍で2~3週間保存可能。冷凍の場合は冷蔵庫に移し、自然解凍して使います。
(レシピ:星野奈々子)

ミートソース
肉と野菜のおいしさがぎゅっと詰まったおなじみのソースです。マッシュルームのうまみや赤ワインの風味で奥深い味に。

【材料】(約900g分)
合いびき肉…400g
にんにく…2片
玉ねぎ…1個
マッシュルーム…6個(90g)
赤ワイン…50ml

A
トマト(水煮缶詰)…1缶(400g)
塩…小さじ1/2
ローリエ…1枚

バター…10g

【作り方】
1 玉ねぎ、にんにく、石づきを取ったマッシュルームはみじん切りにする。
2 鍋にバターを入れて弱火で溶かし、にんにくを弱火で香りが出るまで炒め、玉ねぎ、マッシュルームを加えて中火で炒める。
3 野菜がしんなりしたら、ひき肉を加えて色が変わるまで炒め、赤ワインを加えて煮立てる。
4 Aを加えて混ぜながら煮立て、ふたをして弱火で20分煮る。

【保存方法】
保存袋に小分けにして入れ、冷蔵で4~5日、冷凍で2~3週間保存可能。冷凍の場合は冷蔵庫に移し、自然解凍して使います。
(レシピ:星野奈々子)

出典:『あつあつ!グラタンとオーブン焼きの本
ライター:楠田圭子

RECOMMEND