Food

シーザーサラダ+そうめん?!栄養面もGOODなヘルシーレシピ♪

2019/08/24

めんつゆとマヨネーズの相性は抜群!

夏にぴったりのレシピといえばなんといってもサラダ。とくに、みずみずしくてシャキシャキとした食感のレタスは、夏の暑さで食欲がないときにぴったりの食材です。そこに、つるつるのそうめんをプラス。そうめんとレタスは相性抜群です!

ここで紹介する「和風シーザーサラダそうめん」は、夏におすすすめのヘルシーレシピ。レタスのシャキシャキの食感と、食べごたえのある香ばしいベーコンで満足度も◎。ぶっかけつゆとマヨネーズのコンビは、やみつきになるおいしさです。

体のほてりをとってくれるみずみずしいレタスとそうめんとのコンビネーションで、暑さで疲れた体をやさしく癒すことができます。夏バテ気味で食欲がないという人でも、食が進むはずですよ!

和風シーザーサラダそうめん


【材料】(2人分)
そうめん…3束(150g)
レタス…1~2枚(60g)
ベーコン(ブロック)…60g

A
マヨネーズ…大さじ2
牛乳…小さじ2

粉チーズ・粗びきこしょう(黒)…各少々
下記の基本のぶっかけつゆ…1/2量

【作り方】
1 レタスはせん切り、ベーコンは6~7㎜角の棒状に切る。フライパンにベーコンを入れて中火で熱し、こんがりと炒める。
2 そうめんを下記の基本の冷たいそうめんの要領でゆでて冷やし、器に盛る。
3 2に1のレタスとベーコンを順にのせ、混ぜたAをかける。粉チーズ、粗びきこしょうをふり、ぶっかけつゆをかける。

POINT
1 ベーコンはこんがりとするまで焼き、うまみと香ばしさを引き出します。
2 マヨネーズと牛乳を合わせたソースをかけ、あとから粉チーズをふってコクをプラス。マヨネーズのマイルドな酸味がポイントです。

Check1
冷たいそうめんのゆで方

そうめんはゆで方ひとつでおいしさがまったく違ってきます。ここで、冷たいそうめんの基本のゆで方をご紹介します。おいしくゆでるポイントは3つ。「めんのぬめりを取ること」、「よく冷やすこと」、「水気をきること」です。

【材料】(2人分)
そうめん3束…150g
熱湯…1.5L
※熱湯はそうめんの重量の10倍が目安。ここでは1.5Lを使用。

【作り方】
1 直径22㎝以上の鍋に熱湯を中火で沸かし、沸騰したら火を弱め、そうめんをバラバラと入れる。すぐに菜箸でほぐす。
★めんを入れると湯が勢いよく沸くので注意。
2 再び中火にし、ふきこぼれない程度の火加減で袋の表示時間どおりにゆでる。
3 ざるにあけて湯をきる。
4 ざるをボウルに重ね、流水をかけて手早く冷ます。水を捨て、流水をかけることを3回ほど繰り返し、手早く冷ます。
5 もみ洗いし、表面のぬめりを取る。氷水に入れて冷やす。
6 ざるに上げ、しっかりと水気をきる。さらにざるに押しあて、ぎゅっと絞る。

Check2
ぶっかけつゆの作り方

そうめんにつゆをかけて食べるので、つゆの味はつけつゆよりも薄めに。
【材料】(2人分)
みりん…小さじ1
だし汁…300ml
薄口しょうゆ…小さじ2
塩小さじ…小さじ3/4

【作り方】
鍋にすべての材料を入れて混ぜ、中火にかける。煮立ったら火を止めて冷まし、冷蔵庫で冷やしておく。

★急いでいる場合は容器に入れ、氷水で冷やしても。保存容器に入れ、冷蔵で3日間保存可能。

Check3
だし汁の取り方(約1L分)

1 10㎝×5㎝の昆布2枚の表面をペーパータオルで軽くふき、水1.2Lとともに鍋に入れて30分ほどおいてから火にかけ、沸騰直前に昆布を取り出す。
2 煮立ったら削りがつお20gを入れて弱火で1分煮出し、沈むまでそのままおく。ペーパータオルを広げたざるをのせたボウルにこす。

★保存容器に入れ、冷蔵で3日間保存可能。

出典:『そうめんの本』(著者:市瀬悦子)
ライター:楠田圭子

RECOMMEND