Food

【夏麺、余ってない?】そうめん×豆乳で美味しさアップ!

2019/10/03

うまみが詰まった豆乳は、そうめんと相性抜群♪

タンパク質たっぷりの豆乳はヘルシー志向の高い女性のマストフード。でも、独特の青臭さがあるため、ちょっと苦手という人も多いのでは?ここでは、そんな人でも美味しく食べられる、そうめんを使ったヘルシーレシピをご紹介します。

使用する食材もシンプルなので、手軽に、あっという間に調理できてしまうこともおすすめポイントです。

豆乳つゆとキムチやごま油との相性は最高。箸がどんどん進むこと間違いなしいです。細切りにしたきゅうりのシャキシャキ食感もたまらない、食べごたえも抜群の一品です♪

塩豆乳つゆの韓国風そうめん

【材料】(2人分)
そうめん…3束(150g)
白菜キムチ(カットタイプ)…60g
カットわかめ…3g
きゅうり…1/2本

A
豆乳(成分無調整)…400ml
塩…小さじ1

煎りごま(白)…適量
ごま油…少々

【作り方】
1 わかめはたっぷりの水に5分ほど浸してもどし、水気を絞る。きゅうりは細切りにする。
2 そうめんを、下記の基本の冷たいそうめんの要領でゆでて冷やし、器に盛る。
3 2に1、白菜キムチをのせ、ごまをふる。混ぜたAをかけ、ごま油をかける。

Check!
冷たいそうめんのゆで方

そうめんはゆで方ひとつでおいしさがまったく違ってきます。ここで、冷たいそうめんの基本のゆで方をご紹介します。おいしくゆでるポイントは3つ。「めんのぬめりを取ること」、「よく冷やすこと」、「水気をきること」です。

【材料】(2人分)
そうめん…3束(150g)
熱湯…1.5L

【作り方】
1 直径22㎝以上の鍋に熱湯を中火で沸かし、沸騰したら火を弱め、そうめんをバラバラと入れる。すぐに菜箸でほぐす。
★めんを入れると湯が勢いよく沸くので注意。
2 再び中火にし、ふきこぼれない程度の火加減で袋の表示時間どおりにゆでる。
3 ざるにあけて湯をきる。
4 ざるをボウルに重ね、流水をかけて手早く冷ます。水を捨て、流水をかけることを3回ほど繰り返し、手早く冷ます。
5 もみ洗いし、表面のぬめりを取る。氷水に入れて冷やす。
6 ざるに上げ、しっかりと水気をきる。さらにざるに押しあて、ぎゅっと絞る。

出典:『そうめんの本

著者:市瀬悦子
ライター:楠田圭子

RECOMMEND