Food

めんつゆで作れるの!? 驚き時短レシピ17選 [プロ監修の簡単アレンジ]

2019/11/26

冷蔵庫に残っためんつゆの処理に困っていませんか?がんばって使っても、ひと瓶使い切るのは大変…。でも、めんつゆは下味づけに、つけダレに、隠し味にと、使い方はさまざま。うまみが凝縮されているから、料理にちょっと加えるだけでOK。時短でも手抜き感ゼロのおいしい料理が作れてしまうのです。そんなめんつゆを使ったアレンジレシピをご紹介します。

アイデアレシピをもっと知りたい人はこちらをチェック!→【公式】ei cooking

レンジおこわ飯

もち米を使ったおこわは、白米を使う料理より時間がかかるし、味付けも面倒くさそう。そんな風に思っている人は多いのではないでしょうか?じつはそんなことはないんです。ここでご紹介する「レンジおこわ飯」で使用する調味料は、なんとめんつゆだけ!あとは耐熱ボウルに水と具材を入れて、レンジでチンするだけの簡単さ。

旨み成分が凝縮されためんつゆは、究極の隠し味。ほかの具材のおいしさを引き立ててくれます。さらに、豚バラ肉を使うので、中華おこわのような味わいに。

【材料】(2人分)
もち米…1カップ(200ml)
豚バラ焼き肉用肉…100g
にんじん…30g
まいたけ…1/2パック(50g)
めんつゆ(3倍濃縮)…大さじ2~3
細ねぎの小口切り…適量

【作り方】
1 もち米は洗ってたっぷりの水に30分ほどつけ、ざるに上げる。豚肉、にんじんは7~8㎜角に切り、まいたけは粗みじん切りにする。
2 耐熱ボウルに1のもち米を入れ、肉と野菜を加える。めんつゆと合わせて160mlにした水(分量外)を加えてラップをし、600Wの電子レンジで8分加熱する。
3 全体を混ぜて再びラップをし、さらに5分加熱する。そのまま10分ほど蒸らし、細ねぎを加えて全体を混ぜる。

ポイント
浸水させたもち米と具材をボウルに入れ、めんつゆと水を合わせて注ぐだけ。あとはレンジにおまかせです。

肉巻きおにぎり

人気の肉巻きおにぎり。一般的には、焼き肉のたれを使うことも多いのですが、ここではめんつゆを使用。やさしい甘みが食欲をそそります。

晩ごはんの主役としてだけではなく、お弁当にも使える超簡単レシピです。おもてなし料理としても、かなり使えますよ!

【材料】(2人分)
ご飯…300g
牛しゃぶしゃぶ用肉…150~200g
紅しょうが・しょうがの甘酢漬けなど好みの漬けもの…30g
薄力粉…適量
めんつゆ(3倍濃縮)…大さじ2
サラダ油…小さじ1
★ここでは紅しょうがを使用します。

【作り方】
1 漬けものは粗みじん切りにし、ご飯に加えて混ぜ、4等分の俵形ににぎる。牛肉を等分にして巻きつけ、薄力粉をまぶす。
2 フライパンにサラダ油を中火で熱し、1の巻き終わりを下にして並べる。全体を焼きつけるように、ときどきころがして焼く。
3 めんつゆを加えて煮からめる。好みでごまをふり、漬けものを添える。

ポイント
牛肉の表面に薄力粉をまぶすことで、めんつゆを加えたときにからみやすくなり、香ばしく仕上がります。

フレッシュトマトとカマンベールパスタ

麺とめんつゆとの相性がいいのはわかっているけれど、イタリアンなパスタ料理とはちょっと…。いえいえ、そんなことはないんです。じつは、めんつゆはどんな料理とも相性抜群。めんつゆに使われているうまみだしは、あらゆる料理のおいしさをアップしてくれるのです。

もちろん、トマトソースにほんのちょっと、めんつゆを加えるだけでプロ顔負けのコクのあるおいしいソースに早変わり。生のトマトから作るフレッシュなパスタソースは、できあいのソースのおいしさとは比べものになりません!大切な人へのおもてなし料理としても使えるレシピです。

ちなみに、トマトとチーズの組み合わせは美容効果もあり!トマトのリコピンで、疲れたお肌にうるおいを取り戻せるはずです。

【材料】(2人分)
好みのパスタ…200g
トマト…3個(450g)
カマンベールチーズ…1個(100g)
にんにく…1片
赤唐辛子の小口切り…少々
めんつゆ(3倍濃縮)…大さじ2
バジル…4~5枚
オリーブ油…大さじ1

【作り方】
1 パスタは袋の表示どおりにゆでる。トマトは2cm角くらいに切り、にんにくは薄切りにする。フライパンにオリーブ油、にんにく、赤唐辛子を入れて中火にかけ、香りが立ったらトマトを入れて炒める。
2 ふつふつしてきたらめんつゆを加え、弱めの中火で5~6分煮つめる。
3 カマンベールチーズとバジルをちぎって加える。
4 器にパスタを盛り、3のソースをかける。

ペペロン風そば

麺は大好き。でも、糖質が多いから太りそう…。ウエイト管理に気を遣う麺好き女子にとって、麺の糖質は非常に気になるところですよね。そんな人におすすめなのが、「そば」。そばは、精白したうどんやパスタより体内での糖の吸収がおだやか。血糖値を上げにくい麺なのです。また、消化もほかの麺よりも時間がかかるため、腹持ちがいいのも特長です。つまり、そばは、ほかの麺よりも太りにくい、ダイエット中に一押しの麺なのです。

でも、しょうゆベースのめんつゆがもの足りないという人も多いはず。今回は、「そば+しょうゆダレ」という既成概念を払拭する、オリジナリティあふれるレシピをご紹介。

おなじみの人気パスタ、ペペロンチーノをそばでアレンジ!そばと相性抜群のめんつゆで仕上げる絶品和パスタです。あさり缶の旨み、細ねぎの香りがそばの味を引き立ててくれます。そばとににんにくの香りも意外なほどマッチ!ダイエット中にパスタが食べたくなったら、ぜひ試してみてくださいね。

【材料】(2人分)
そば(乾麺)…2束(200g)
細ねぎ…4~5本
にんにくのみじん切り…小さじ1
赤唐辛子の小口切り…少々
あさり(水煮缶詰)…1缶(130g)
めんつゆ(3倍濃縮)…大さじ1
オリーブ油…大さじ1

【作り方】
1 そばは袋の表示どおりにゆで、冷水でしめておく。細ねぎは5㎝長さの斜め切りにする。
2 フライパンにオリーブ油、にんにく、赤唐辛子を入れて中火にかけ、香りが立ったら、そば、あさりを缶汁ごと入れて炒める。
3 全体がなじんだら細ねぎを加え、めんつゆで調味する。

豚せん

めんつゆを使った時短おつまみ。ぬれ煎餅のようにしっとり濃厚な味わい。めんつゆとしょうがを使ったタレを吸った豚肉は、やみつきになるおいしさです。

フライパンに油を2㎝ほど入れて揚げればOKという手軽さもうれしいポイント。揚げ物は面倒くさいという人にもおすすめのレシピです。

【材料】(2人分)
豚肩ロース薄切り肉…200g
片栗粉…適量

A
めんつゆ(3倍濃縮)…大さじ1
しょうがのすりおろし…小さじ1/2
水…大さじ1

レタス…適量
揚げ油

【作り方】

1 豚肉は1枚ずつ片栗粉をまぶす。レタスは細切りにする。
2 フライパンに油を2㎝ほど入れ、中火で170℃に熱し、豚肉を広げ入れてカリッとするまで2~3分揚げる。裏返してさらに2~3分揚げる。
3 2をボウルに入れ、熱いうちに合わせたAを回しかけてあえる。器にレタスを敷き、豚肉をのせる。

ポイント
片栗粉をまぶして揚げた豚肉に、めんつゆ入りのたれがどんどんなじんでいきます。

アイデアレシピをもっと知りたい人はこちらをチェック!→【公式】ei cooking

まぐろフライ

こちらも、手早く作れるおつまみレシピです。めんつゆを下味づけに使用。めんつゆの旨みを吸い込んだまぐろに、梅で酸味をプラス。サクサクした食感で、ビールも進む味わいです。

【材料】(2人分)
まぐろ(刺し身用、さく)…200g

めんつゆ(3倍濃縮)…大さじ1
水…大さじ1

梅干し…大1個
青じそ…3枚
薄力粉・溶き卵・パン粉…各適量
揚げ油

【作り方】
1 まぐろは2㎝幅に切り、分量の水で薄めためんつゆに5分ほどつける。梅干しは種を除いて包丁でたたく。青じそは縦半分に切る。
★まぐろは途中で上下を返し、しっかりと下味をつけておきます。
2 まぐろの汁気をペーパータオルで軽く押さえて取り、梅肉を塗って薄力粉をふり、青じそを巻きつける。
3 2に薄力粉、溶き卵、パン粉の順に衣をつける。
4 フライパンに油を2㎝ほど入れ、強めの中火で170℃に熱し、3の両面をきつね色になるまで1分ずつ揚げる。

ラタトゥイユ

ビタミンやミネラル、食物繊維たっぷりの野菜は、きれいをキープするうえでは欠かせない食品です。でも、生で食べるとかさがありすぎてすぐにおなかいっぱいになってしまう。これが野菜の難点かもしれませんね。たくさん食べたつもりでも、思ったよりも必要な栄養分は摂れていないんです。そんなときに作りたいのがラタトゥイユです。

ラタトゥイユなら、野菜を煮込むのでかさも減って、たくさんの野菜が食べられます。また、美容成分の宝庫であるトマトソースがベースというのもポイント。さらに、野菜を汁ごと食べることで、水に溶け出して失われがちな栄養素も余すことなく摂れるというのも、ラタトゥイユの魅力。

でも、ラタトゥイユなんて作るのが面倒くさそう…。そんな人にぜひ活用してほしいのが、めんつゆです。野菜を炒めるときにめんつゆをちょっと加えるだけで、めんつゆの塩分が野菜の余分な水分を引き出して旨みが凝縮され、水も加えずにおいしく作れるのです。

驚くほど簡単においしく作れてしまう栄養満点のラタトゥイユ。野菜不足を感じたら、ぜひ作ってみてくださいね!

【材料】(2人分)
ベーコン(かたまり)…80g
玉ねぎ…1/2個
ズッキーニ…1/2本
なす…1本
パプリカ(赤・黄)…各1/2個
トマト…1個
にんにくのみじん切り…小さじ1
めんつゆ(3倍濃縮)…大さじ2
オリーブ油…小さじ1

【作り方】
1 野菜、ベーコンは2~3㎝角に切る。
2 鍋にオリーブ油、にんにくを入れて中火で熱し、香りが立ったらベーコン、玉ねぎ、トマトを入れて炒める。
3 残りの野菜を加えて炒め、めんつゆを加える。ふたをして弱めの中火にし、5分ほど煮る。

さばの梅煮

煮魚って作るのがちょっと面倒と思っていませんか? でも、じつはとっても簡単なんです。時短でおいしい煮魚ができてしまう秘密が「めんつゆ」。どんな料理とも相性抜群!!手間をかけないとおいしくできないと思われがちなレシピでも、驚くほど簡単に、おいしく作れてしまうのです。

めんつゆの甘さを梅干しの酸味がほどよく引き締めてくれます。さばは返さず、煮汁をかけながら煮ることがポイントです。

【材料】(2人分)
さば…2切れ

A
水…300ml
梅干し…大2個
しょうがの薄切り…3~4枚
めんつゆ(3倍濃縮)…大さじ1 ~ 1 1/2

しょうがのごく細いせん切り…適量

【作り方】
1 フライパンにAを入れて中火にかけ、ふつふつしてきたらさばを入れる。
2 さばに煮汁を回しかけながら10分ほど煮る。器に盛り、しょうがをのせる。

金目の煮つけ

おもてなし料理としても煮魚は最強。和食好きの男子の胃袋も、心もガッチリつかめることは間違いなしです。

酒、しょうゆ、みりんなどを加える手間をかけることなく、めんつゆ一つであっという間に完成です!

【材料】(2人分)
金目だい…2切れ
片栗粉…小さじ1
ごぼう…50g

A
水…150ml
めんつゆ(3倍濃縮)…大さじ1と1/2
しょうがの薄切り…3~4枚

【作り方】
1 金目だいは皮に3~4㎝長さの切り込みを入れ、片栗粉を薄くまぶす。ごぼうはささがきにして水(分量外)に5分ほど放しておく。
2 フライパンにAを入れて中火で煮立て、ごぼう、金目だいを入れる。クッキングシートで落としぶたをしてふたを少しずらしてのせ、弱めの中火で10分ほど煮る。途中、7分ほどしたらクッキングシートをはずし、煮汁をかけながら2~3分煮つめる。器に盛り、好みで白髪ねぎを添える。

アイデアレシピをもっと知りたい人はこちらをチェック!→【公式】ei cooking

マッシュ里芋

食材とめんつゆを混ぜるだけで完成!というお手軽レシピがこちら。大事なお客様のためのおもてなし料理のプラス一品とすれば、料理上手をアピールできるはずです。

里芋の味とねっとりとした食感を生かした、和風マッシュ。レンジ加熱した里芋に、めんつゆと青のりを混ぜれば出来上がりという、超簡単レシピです。

【材料】(2人分)
里芋…3個(200g)
青のり…少々
めんつゆ(3倍濃縮)…大さじ1/2~1

【作り方】
1 里芋は洗って耐熱ボウルに入れ、ラップをかけて600Wの電子レンジで4分30秒加熱する。
2 粗熱が取れたら皮をむき、ボウルに入れてフォークなどでつぶす。残りの材料を加えてよく混ぜる。好みでバゲットなどを添える。

豚しゃぶとレタスの温玉あえ

こちらも混ぜるだけのお手軽レシピ。見た目は豪華なのに、調味料はめんつゆ一つという簡単さが魅力。豚肉のうまみと貝割れ菜の辛味を、めんつゆの風味がほどよくまとめます。

【材料】(2人分)
豚しゃぶしゃぶ用肉…200g
レタス…4~5枚
貝割れ菜…1パック
温泉卵…1個
めんつゆ(3倍濃縮)…大さじ2~3
★豚肉は好みの部位でOK。

【作り方】
1 鍋に湯を沸かし、豚肉をさっとゆでてざるに上げる。同じ湯に大きくちぎったレタスを加えてさっとゆで、ざるに上げる。
2 器に1、根元を落とした貝割れ菜を盛り、温泉卵をのせる。めんつゆを回しかける。

えびチリ風

めんつゆは、カレー粉、トマトケチャップ、マヨネーズ、酢、粒マスタード、はちみつ、オイスターソース、みそ、豆板醤、柚子こしょうなど、どんなタイプの調味料とも相性抜群な点も特徴です。めんつゆともう一つの調味料を加えるだけで、和洋中、エスニックまでさまざまな料理が楽しめます。

ここでは、トマトケチャップを使ったレシピをご紹介します。トマトケチャップが酸味を補い、甘味もアップ。ちょっとハードルが高そうなレシピが簡単に、おいしく作れてしまいます!

【材料】(2人分)
えび(殻つき)…12~14尾
めんつゆ(3倍濃縮)…小さじ1
片栗粉…大さじ1/2

A
にんにくのみじん切り・しょうがのみじん切り各…小さじ1/2
赤唐辛子の小口切り…少々

B
水…1/3カップ(約70ml)
めんつゆ(3倍濃縮)…大さじ1
トマトケチャップ…大さじ2
こしょう…少々

片栗粉…小さじ1/2
水…大さじ1/2
ごま油…大さじ2
長ねぎのみじん切り…10g

【作り方】
1 えびは尾を残して殻をむき、背に切り込みを入れる。あれば背わたを取る。ボウルに入れ、めんつゆ、片栗粉を順に加えてからめる。
2 フライパンにごま油の半量を中火で熱し、1を炒めて取り出しておく。
3 2のフライパンに残りのごま油、Aを入れて中火にかけ、香りが立ったらBを加える。煮立ったら2を加え、40~50秒煮たら水で溶いた片栗粉を回し入れ、とろみをつける。火を止めて器に盛り、長ねぎを散らす。

ポークビーンズ

こちらもトマトケチャップとめんつゆとの相性を味わえるおいしいレシピです。

【材料】(2~3人分)
豚こま切れ肉…150~200g
ベーコン(かたまり)…60g
白いんげん豆(水煮)または大豆(水煮)…正味150g
玉ねぎ…1/2個
にんじん…1/3本
にんにくのみじん切り…小さじ1
トマト(水煮缶詰、カットタイプ)…1/2缶(200g)

A
めんつゆ(3倍濃縮)…大さじ1
トマトケチャップ…大さじ3
りんごのすりおろし…1/4個分(60g)
水…100ml

オリーブ油…大さじ1

【作り方】
1 豚肉は粗みじん切りにする。ベーコンは1.5㎝幅に、玉ねぎ、にんじんは1㎝角くらいに切る。白いんげん豆はざるに上げ、水気を軽くきる。
2 鍋にオリーブ油、にんにくを入れて中火にかけ、香りが立ったら玉ねぎ、にんじん、豚肉、ベーコンを入れて炒める。
3 肉の色が変わったらトマト、A 、汁気をきった白いんげん豆を加える。沸騰したらアクを取り、ふたをずらしてのせ、弱めの中火で10分ほど煮る。器に盛り、好みで粉チーズをふり、パセリのみじん切りを散らす。

ドライカレー

隠し味に使えば、どんな料理もうまみが増して、ひと味違った料理が完成します。ここでは、ちょっとミスマッチ?!と思われがちなカレー粉との組み合わせレシピを紹介します。

カレー粉にめんつゆを加えることで、めんつゆの塩分とうまみが、カレー粉にない塩味を補い、スパイシーな味に厚みをもたせてくれるのです。もちろん、カレーに入れてもうまみはアップします。カレー粉を使った炒めものにもベストマッチです!

【材料】(2人分)
合いびき肉…200~300g
にんじん…1/3本
セロリ…1/2本
玉ねぎ…1/2個
トマト…1個
にんにくのみじん切り・しょうがのみじん切り…各小さじ1

A
カレー粉…大さじ1 1/2
めんつゆ(3倍濃縮)…大さじ2

レーズン(あれば)…30g
水…200ml
サラダ油…小さじ1
粗びきこしょう(黒)…適量
イタリアンパセリ…適量

【作り方】
1 にんじん、筋を取ったセロリ、玉ねぎはみじん切りにする。トマトは1㎝角に切る。にんにく、しょうがは分量を用意する。
2 フライパンにサラダ油、にんにく、しょうがを入れて中火で熱し、香りが立ったらトマト以外の残りの野菜を加えて炒める。
3 しんなりしたらひき肉を加えて炒め、肉の色が変わったらAを順に加え、そのつど炒める。
4 トマトを加えて炒め、レーズン、分量の水を加え、中火で汁気がなくなるまで15分ほど煮る。こしょうをふってパセリを添え、好みでナンなどを添える。

アイデアレシピをもっと知りたい人はこちらをチェック!→【公式】ei cooking

ステーキ

シンプルと思われるステーキですが、めんつゆを隠し味に使えばおいしさアップ。トマトの酸味と粒マスタードの風味、めんつゆのうまみを生かしたソースが牛肉にマッチした一品です。見た目も豪華で、ひと手間もふた手間も加えたリッチさもあり、おもてなし料理にも最適です。

このレシピのもう一つのおすすめポイントは、美を作る栄養素がたっぷりなところ。赤身の牛肉はヘルシー&脂肪燃焼促進効果抜群と話題の栄養素「カルニチン」の宝庫。そこにリコピンたっぷりのトマトを組み合わせれば、キレイづくりの最強レシピに。アクティブな女性の体づくりを強力にサポートしてくれる一品です。

【材料】(2人分)
牛もも、または、ヒレステーキ用肉…2枚(160g)
めんつゆ(3倍濃縮)…大さじ1

A
プチトマト…2個
パン粉…大さじ3
おろしにんにく…小さじ1/2
オリーブ油…小さじ1
めんつゆ(3倍濃縮)…大さじ1
粒マスタード…大さじ1/2

クレソン…適量

【作り方】

1  牛肉はところどころをフォークで刺し、めんつゆ大さじ1 をもみ込んで10分ほどおく。

2 プチトマトはへたを取って8等分に切り、残りのAと合わせ、1の表面にのせる。

3  オーブントースターの天板にオーブンペーパーを敷き、2を並べて15分ほど焼く。器に盛り、クレソンを添える。(途中で焦げそうな場合はアルミ箔をかぶせる)

黄身漬け

卵黄をめんつゆに漬け込むだけで、濃厚でうまみが詰まった卵が完成。炊きたてご飯にのせれば、最高においしい、たまごかけご飯に!漬け込み時間を長くすれば、つまみとしても楽しめます。冷蔵庫に入れれば3日ほどは保存が可能です。

【材料】(作りやすい分量)

卵黄…5個分

A

めんつゆ(3倍濃縮)…大さじ1
水…大さじ1

【作り方】

1  ボウルに卵黄を入れ、合わせたAを加えて10分以上漬ける。

漬けチーズ

おつまみに最高の一品。プロセスチーズがちょっと高級感のある味わいに。おもてなし料理の前菜としても使えますよ!

【材料】(作りやすい分量)

プロセスチーズ…150g

A

めんつゆ(3倍濃縮)…大さじ2
水…100ml

【作り方】

1  保存袋にAを入れて合わせ、食べやすく切ったチーズを加えて10分以上漬ける。チーズ全体がめんつゆに浸るように、袋の空気を抜いて閉じることで味がしみやすくなる。※冷蔵で4〜5日保存可

出典 : 『時間がないときは調味料1つだけ! めんつゆレシピ』(著者 : みない きぬこ)
ライター : 楠田圭子

アイデアレシピをもっと知りたい人はこちらをチェック!→【公式】ei cooking

RECOMMEND