Food

抗酸化力を高める野菜でエイジングケア!常備菜、コールスローのアレンジメニュー

2020/06/23

気になるエイジングサインには色付き野菜を

コールスローはキャベツを細かく切ったサラダ。常備菜としておなじみのメニューですよね。そのキャベツを紫キャベツに変えることで、ある成分が摂取できることを知っていますか?

それはアントシアニン!

このアントシアニンは、抗酸化作用があるポリフェノールの一種。つまり紫キャベツは、エイジング効果が期待できる野菜なのです。しかも、アントシアニンは水に溶けやすい成分なので、生食で食べるのがベター。細かく切ることで食べやすくなり、しっかりと量を食べられるようになるため、コールスローにむいています。

紫キャベツのコールスローサンドイッチ

【材料】(作りやすい分量)
紫キャベツ…1/4玉
赤玉ねぎ…1/2玉
食パン…2枚
ゆで卵…2個
マヨネーズ…適量
塩…少々

A
エクストラバージンオリーブオイル…大さじ2
マヨネーズ…大さじ3
ケチャップ…大さじ1
酢…大さじ2
塩…適量

【作り方】
1 紫キャベツは千切りに、赤玉ねぎはみじん切りにする。
2 ボウルに1とAを入れて混ぜ合わせ、約30分置いて味をなじませる。
3 ゆで卵を細かく刻み、マヨネーズ、塩を混ぜ合わせる。
4 食パンにバター(分量外)を塗り、2と3を順番に重ねてサンドする。

紫キャベツと同様にアントシアニンを含む、赤玉ねぎは辛みの少ないことが特徴なので、サンドイッチの具材向き。さらに、みじん切りにして加えると、食感に変化が生まれ、食べ応えがアップします。もちろん一般的なキャベツで作っても◎、コールスローのアレンジ版としてぜひ!

レシピ・執筆・撮影:木川食堂
姉妹で経営するヴィンテージショップ「KIRA CLOSET vintage」での食事会で振る舞われるメニューが話題。誰もが真似できるお手軽レシピでありながら、さり気ないおもてなし感が特徴。
http://kiracloset.jp/

RECOMMEND