Food

いつもの肉じゃがが大変身!スパイスで簡単アレンジレシピ

2020/03/15

冬はスパイスを多めに取って体を温める

インドの伝統医療・アーユルヴェーダでは、エネルギーの質をドーシャと言い、三つのカテゴリに分けています。それがヴァータ(風)、ピッタ(火)、カパ(水)。

冬はヴァータとカパが強くなる季節と考えられています。六味(甘み、酸味、塩味、苦み、渋み、辛み)のバランスを取りつつ、体を温めるような食事を心がけましょう。冬に出回る根菜類には、体を温める効果がありますよ。脂肪分は体を温めますが、取りすぎには注意です。

また、運動不足になりやすい時期でもある冬。スパイスを使って消化を促進してあげると、未消化物質が体内にたまるのを防いでくれます。春先の花粉症などアレルギーの予防に役立ちますよ。

スパイシーな肉じゃが

今回はいつもの肉じゃがにひと工夫。スパイス香るレシピをご紹介します。

◇スパイシー肉じゃが

【材料】(3人分)
ジャガイモ 中2個
タマネギ 中1個
シラタキ 1袋
豚バラ肉 100g
ニンジン 1/3本
ニンニク 1かけ
白ごま油(においのないもの)適量
だし汁 3カップ
醤油 小さじ2杯
酒 小さじ2杯
みりん 小さじ2杯
ミックススパイス 中さじ1杯
またはターメリック少量とコリアンダーパウダー 少量
塩 少々
絹さや 適量
七味唐辛子 適量

【作り方】
1:ジャガイモは皮をむき、大きめに切る。
2:ニンジンはひと口大に切る。
3:シラタキは水で洗い、熱湯にくぐらせておく。
4:鍋に白ごま油を熱し、刻んだニンニクを炒める。
5:ジャガイモとニンジンをサッと炒め、タマネギを加える。
6:だし汁をひたひたになるまで入れ、シラタキ、醤油、酒、みりんを加えてジャガイモが軟らかくなるまで弱火で煮る。
7:ジャガイモが軟らかくなったらミックススパイス、またはターメリック少量とコリアンダーパウダー少量を加え、肉を加えて弱火で煮る。
8:最後に塩で味を整えて、盛りつける時に絹さやを細く切ったものを飾る。
9:食べる時、七味唐辛子をかける。

ライター:幸雅子
出典:『ヨガと食事をもっと楽しむ!』/「ヨギー&ヨギーニのための旬をいただく四つの方法」
監修:高橋佳璃奈/東京都江戸川区にある「ビューティーライフ研究所」主宰。アーユルヴェーダセラピスト、健康心理カウンセラー、アロマケアワーカーとして活躍中。介護福祉士、健康心理士、美容家の資格も。日本アーユルヴェーダ学会評議委員、日本アロマコーディネーター協会主任講師、日本健康心理学会会員。

RECOMMEND