Food

“冬バテ”でビタミン欠乏のピンチを救うのは、あの冬野菜たっぷりパスタ

2018/12/26

疲れが取れない、室内にいても冷える…それって冬バテかも!

冬は寒くてついカラダに力がこもりがち。背中を丸めて外を歩いて帰宅すると、肩がガチゴチに凝って疲れて、ふ~っとなることもありますよね。寒さに負けじと体温を多く作り出さなくてはならず、代謝の負担もアップしています。

それって、つまり体にとってはストレスがかかった状態。体の中ではビタミンがいつも以上に消費されているんです。それに加えて、年末年始の飲み会、寝不足などが重なると、さらにビタミンが消耗…。冬は、想像以上にビタミン欠乏に陥りやすい季節なのです。

もし、よく眠っているつもりでも疲れが取れない、カラダが重い、室内にいるのにカラダが冷えてツライ…などの症状に心当たりがあるなら、それは冬のビタミン欠乏症冬バテの恐れあり!不足しているビタミンを補うことが先決です。

ストレスからカラダを守る、ビタミンCの強化が先決

寒さ、仕事、疲れなどあらゆるストレスによって最も消費されるのは、ビタミンC。冬になると、風邪予防にビタミンCを摂ろうと言われますが、冬バテ予防にもビタミンCの強化が必要です。特にお酒を飲む機会が増える年末年始は、アルコールの解毒に大量のビタミンCが使われます。そのためエネルギー代謝や体内での筋肉合成に使うためのビタミンCが不足し、疲れや冷え、筋肉量の低下が起こりやすくなるのです。

ビタミンCを強化するなら、みかんやキウイフルーツなどの果物の他、冬が旬のブロッコリーも狙い目。ブロッコリーにはビタミンCの他、代謝に欠かせないビタミンB群も豊富!ストレス対策&代謝アップに働くので、憂鬱な冬バテ対策にピッタリです。

【冬のビタミン強化レシピ】

ブロッコリーとナッツのパスタ

【材料】(1人分)

好みのパスタ(フジッリ)…80g

ブロッコリー…1/2個(約80g)

ニンニク…1片

クルミ、アーモンド…計30g

オリーブオイル…小さじ2

塩…小さじ1/4

黒コショウ…適量

【作り方】

1:鍋に湯を沸かし、塩小さじ1/2(分量外)を加えて、パスタを指定時間ゆでる。残り5分になったら刻んだブロッコリーを加えて一緒にゆでる。

2:フライパンにニンニク、オリーブオイルを入れて中火にかけ、刻んだナッツ、ゆで上げた1、ゆで汁大さじ2程度を加えて炒め合わせ、塩、コショウで味を調える。

パスタに加えるナッツは、抗酸化作用のあるビタミンEを含みます。ビタミンEは毛細血管を拡張させる働きがあるので、手強い冷えの改善にも有効。毎日10~20粒程度食べるだけで血流アップを期待できます。料理に加えるのが手間だと感じるなら、おやつに食べるのもオススメですよ。

写真:野口祐一
ライター:藤岡操(栄養士)/編集者、フードコーディネーター、栄養士。雑誌、書籍、広告で、ダイエット、健康関係の企画、レシピ開発をするの他、暮らしにまつわる企画を担当。さいたま市浦和在住。

RECOMMEND