MCT Body

チャレンジ!MCTオイルダイエット【3日間プログラム】つき

2019/05/01

朝食時と寝る前にMCTオイルを摂取

正しいダイエットの条件は三つ。お腹が空かない、健康的に体重が減る、そして長時間ダイエットを継続できることです。これらの条件がそろっていれば、無暗に食べすぎたりすることもなく、するすると体重が減って、気持ちよく痩せていきます。

しかし、間違った解釈でダイエットを始めると栄養失調、体調不良など、健康を損ってしまいかねません。最終的にはリバウンドという悲劇を生んでしまうことも。我慢、無理、焦りは禁物です。まさに、継続は力なり。特に健康を意識し、長期間にわたり継続することを目標としましょう。

最近注目のMCTオイルダイエットは、その点、条件の三つを叶えています。

三つの条件がそろえられるMCTオイル

MCTオイルダイエットでは、オイルを取る理想は、小さじ1杯。特に味もなく、無臭なので、違和感なく毎日取ることができます。そこで、これを継続していき、この量を徐々に増やしていくことは、ダイエッターにはとってもオススメ。

そして、ただオイルを摂取するだけでなく、糖質制限を意識すれば、より効果的です。それも一日の食事のうち夜だけなど、自分ルールを作って実践してみてください。

まずはMCTオイルを摂取する習慣をつけ、オイル摂取を体に覚えさせるところからスタートです。

糖質制限開始時のポイント

ダイエットに糖質制限を加えるとしても、すべての食事から糖質制限を始めることは、とても難しいことです。一日の食事のうち夕食だけを制限することから始め、体を徐々に慣らしましょう。我慢、無理はリバウンドの大きな原因になります。

朝食と昼食は糖質OK、夕食のみ糖質NGという割合から始めましょう。

MCTオイルダイエット3日間プログラム

MCTオイルダイエットは、まず3日間のプログラムから挑戦してみることをオススメです。

糖質制限も行うのはもちろんのこと、塩分も抑えると体全体のむくみが取れ、さらに筋肉の質も変わるので引き締まって見えます。手軽な野菜ジュース、MCTオイル、栄養を補うためのサプリメントを導入してみましょう。

◇MCTオイルダイエット 3日間プログラム

・3日間の食事の摂り方
【朝】
1:野菜ジュースを飲む。
2:オイルドリンクを飲む。
オイルドリンクは朝食を摂ってから15分後をめどに飲むようにする。

【昼】
1:野菜ジュースを飲む。
2:昼食を食べる。
昼食は野菜ジュース(砂糖・食塩不使用で200ml)を飲んで、30分〜1時間後に食べるようにする。

【夜】
1:夕食を食べる。
2:オイルドリンクを飲む。
オイルドリンクは夕食を摂って15分後を目安に飲むようにする。

◇オイルドリンクの作り方(1人分)
無調整豆乳50ml、MCTオイル小さじ1杯(4.6g)をシェーカーに入れ、よく混ぜる。

ライター:幸雅子
出典:『食事&オイルで美トレ』/「オイルでエネルギー摂取 そのメリットって?」
監修:畠山昌樹/大阪大学大学院医学系研究科 先進融合医学共同研究講座 特任研究員。1974年大阪生まれ。防衛医科大学に入学し自衛官医として仙台市で勤務。数々の病院を経由し、2010年に八木山整形外科クリニックを開業。2011年に東日本大震災で被災。その後、フリーランスの医者として活動する。

Let’s Check MCT♪

Sketch-motion by @enakakuta

日清オイリオ MCT特設サイトはこちら

RECOMMEND