Food

仕事からトレーニングに直行 。遅い夜に空きっ腹…どうしたらいい?

夕飯を食べ損ねて夜遅くに空腹…

仕事帰りにスタジオやジムに直行。夕飯を食べ損ねたまま、ヨガやトレーニングに参加。働き女子にはよく起こり得るシチュエーション、ですよね。そんな時、クラス後の空きっ腹には、何を入れてあげるのがいいのでしょうか?

夜は副交感神経が優位になり、消化器官はお休みモードになります。内臓への負担を考えると、重たい食事は避けたいところ。そんな時は消化しやすく栄養が摂れて、お腹に優しいホットジュースがオススメです。

ジュースにすることで消化しやすく、トリプトファンが含まれる食材を使えば、良質な睡眠を得ることにもつながります。トリプトファンとはハッピーホルモンであるセロトニンを含んでいる物質で、牛乳や豆乳、バナナなどにも多く含まれます。

寝る前にオススメ超簡単ホットジュース

【材料】
カボチャ 80g
シナモン 小さじ1/4杯
(ショウガで代用もオススメ)
牛乳 150ml

【作り方】
1:カボチャは皮つきのままひと口大に切り、電子レンジで2分ほど加熱。鍋でカボチャが軟らかくなるまでゆでてもいい。

2:すべての材料をミキサーで混ぜる。

3:耐熱用のマグカップに注ぎ、電子レンジで30秒〜1分ほど加熱する。鍋に戻し、弱火でコトコト熱してもいい。

4:シナモンを振りかけてでき上がり。

カボチャはベータカロチンを多く含み、栄養豊富なので積極的に食べたい食材。温めることで、カボチャと牛乳の甘さがうまく溶け合いホッとする味に。シナモンをショウガで代用すれば代謝アップがかない、味もいいです。

とはいえ、眠る2時間前までには食事を終えたいところ。

かといって、眠る時間を遅くすると体のリズムが乱れて、交感神経と副交感神経の切り替えがうまくいかなくなってしまいます。その結果、代謝が落ちてやせにくい体になってしまうので気をつけましょう。そんな時は、決してお腹パンパンにせず、気持ちがほっとする程度で食事を終えて、少し間を置いてから寝る用意を始めてはどうでしょう。

 

ライター:幸雅子
出典:『Yogini』vol.33/「夜ヨガしてから寝るまでの食事」

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE