Fortune

【毎週火曜日更新】つい言ってしまいがちな悪口。そんな時は「なぜ?」を考えて

2018/10/23

期待しているのは「ワタシも」

悪口って…つい、言っちゃいますね。超後味が悪くなったりするのを知っているのに、何で言いたくなるのでしょうね。誰かに共感を求めて、「ワタシも」を期待して、一緒に奥深くの罪悪感を共有したいとひそかに願って。

ホントはね、共感を得たいなら、悪口じゃなくてもいいのじゃないかな?「壁に耳あり障子に目あり」とか、「人の口に戸は立てられない」とか、古くから、なぜそんな言葉が存在するかっていうと、人間関係のほころびが、まさに悪口のその瞬間から始まるからなのです。

共感を求めるのは楽しい話だけに

できれば、共感を求めるのは楽しい話だけにしましょう。口から転げ出そうになったら、そこで「何で言いたくなるのか?」の分析を。いつでも「なぜ?」を考える。同じ気持ちを持っているだろう相手と話すべきなのは、あくまでも対処方法に限ります。

改善策を誰かと一緒に考えるのなら、かなりポジティブでいられるし、その間ちょっと出てしまうグチぐらいなら、許される範囲内かなと思えるでしょ?
どうしてもやり切れない気持ちならば、行き場のない気持ちを打ち明けに来てくださいね。その時は一緒に考えましょう。

もし悪口を本人に聞かれたら

「つい、言っちゃった!」
その場合は、相手にもよりますけれど、可能な限り急いで謝りましょう。誰にでも「しまった!」はあるものです。でも実は、腹を割って話してみたら、 その相手と親友になれたりすることすらあるんですよ。

苦手の分野は次の大きな可能性への道かもしれないから、初めから自分のチャンスを閉ざすことがないように。どんなことだって「まったく役に立たないことはない」というつもりでいたら、今までは、ただただ苦痛だったことが、せいぜい[笑いのツボ]ぐらいにしか感じなくてすむようになります。そうなったら、もう、こっちのもんです。

カフナマサコ
チャネラー、ヒーラー 占い師歴10年。占術はオラクルカード、ハワイアンタロットカードにて、イベント、対面、電話鑑定など多方面で活躍中。
チャネリングイラストが得意。スピリチュアルカウンセラー育代オフィス所属
https://www.ikuyo.co.jp

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE