Fortune

「楽しむこと」こそが本当に意味のあること【数秘術でハッピーになる!】

2020/02/01

こんにちは。数秘術カウンセラーの阿蘇湧真です。これから僕達は、自分の本質に目覚めて生きるようになります。その時、大切なことは自分の心の声(ワクワク、ときめき、スッキリ感)に従うことですね。これは、自分の「神性」からの呼び声だからです。この感覚を大切にすることで、僕達は無限の可能性につながっていきます。

「楽しむこと」こそが意味のあること


ただ一方で、「楽しいことをやろう」とすると、周囲から「そんなことして何の意味があるの?」、「それが何の役に立つの?」と問われたりすることもあるかもしれません。でも、エネルギーの視点で見ると、「楽しさ」こそが最も大切な意味なのです。

まず、楽しいことをすると、エネルギー(波動)が上がります。すると、機嫌がよくなりますね。そうすると、運がよくなります。ひらめきも出てきます。家族のエネルギーも上がり、パートナーの収入やチャンスも増えます。健康になり、病気をしなくなります。これを超える「意味」は存在しないのではないでしょうか。

僕達は理由やメリットを探す生き物。でも、その途端に視野が狭まり、エネルギーも小さくなってしまいますね。「意味を求める」ということは「頭で生きる」ということです。「楽しさで生きる」ということは「宇宙意識で生きる」ということです。

僕達は頭で考える「制限の人生」から、無限の可能性を使う人生にシフトするタイミング。その時大切なことは、「行動に理由を求めない」ということです。理由のないトキメキや、ワクワクこそ大事にしてみましょう。

ワクワクの先にある罠

「ワクワクすることをしよう」という流れがある中で、「ワクワクすることをしたらお金がなくなった」、「楽しいことをやったら人間関係が崩れた」というお話も聞くことがあります。ワクワクを行動に移してうまくいく人と、うまくいかない人、いったい何が違うのでしょうか。この違いは簡単で、「自分の中のネガティブを認めているか、無視しているか」の違いです。

うまくいく人は、ワクワクを行動に移す中で出てくるネガティブな感情を認め、向き合い、クリアにしています。つまり、自分に嘘をついていないのです。一方で、人生の中の不安や罪悪感を認めずに前に進み続けると、「こんなネガティブなものをあなたは持っていますよ」というメッセージとして、「ネガティブ」が現実化します。それが金銭面で現れる人もいれば、精神的な部分や、体調に現れる人もいるでしょう。

ネガティブを無視していると、それをありありと体験するようになるのです。ワクワクすることを行動に変えることは大切です。しかしそこで出てくるネガティブな感情は、無視せず向き合い、クリアにしていきましょう。

【数秘術とは】
2500年前のギリシャの数学者であるピタゴラスによってまとめられた数字をエネルギーとして捉え人生や万物を読み解く学問。この考え方が「カバラ数秘術」としてユダヤ民族の間で受け継がれ、長い歴史の中で統計学として進化。タロット占いや西洋占星術の元となる。ニューヨークのセレブの間では「人類最高の知恵」として熱烈な支持を受けている。簡単な計算だけで、生年月日から才能、運命、使命などあらゆることが読み解けてしまう「魔法のメソッド」。

阿蘇湧真
心理学、脳科学、東洋思想など幅広く学び、心の仕組みや、毎日が楽しくなる考え方をわかりやすく発信。現在まで4冊の本を出版。無料メールマガジン「心の新聞紙」は現在まで2500件以上配信。カウンセラーとして個別のご相談にお答えする傍ら、セミナー講師、作家として活動。数年前より〝誕生日から運命を読み解く〟「数秘術」を学び始め、「数秘術カウンセラー」としてカウンセリング、セミナー活動を行う。2018年、待望の最新の数秘術「アセンション数秘術」を確立。新しい数秘の読み解きを公開し、「自らの数字を使い、人生を変革させる」セミナー、ワークショップを開始。
http://rakugaki-aso.jimdo.com

RECOMMEND