Fitness & Sports

フェロモンを増進させて、“いいオンナ度”をグイグイ上昇させるヨガポーズ

いいオンナの条件って何でしょうか?健康的で笑顔がさわやか、心がリラックスしていて、適度に体が引き締まった、ストレスも脂肪もない感じでしょうか。そこにフェロモンが加われば、極上のいいオンナ。言うのは簡単だけど、そうなるのは全然簡単じゃない!

まずは毎日の生活の中に穏やかな時間を作って、ストレスフリー生活を手に入れるために、自分の時間を「どう過ごすか」を考えてみましょう。眉間にシワを寄せたままヨガをしても、心からリラックスすることはできません。自分の中のスイッチをオフにする時間を、少しでもいいので作りましょう。

浅い呼吸からゆったりとした呼吸に切り替えて、フェロモンを増進させるヨガのポーズは特にオススメ。気持ちの切り替えが上手で、体も引き締まった、誰もが放っておけない極上のいいオンナに近づけるかも。

フェロモンを増進させるポーズ「鳩のポーズ」

いきなりポーズを行うのではなく、まずはウォームアップをしましょう。脚をそろえて立ち、ヒザを軽く曲げて手を置きます。息を吐きながらヒザをゆっくり2周回し、吸いながら2周回して1セット。これを3セット行います。逆足も同様に行いましょう。

①右ヒザを曲げてカカトを恥骨に近づけ、左足は真後ろに伸ばす。息を吐きながら後ろに伸ばした左脚を曲げ、足裏を自分のほうに向けて引き寄せる。
②呼吸を整え、息を吐きながら左足の甲をヒジに引っかける。右ヒザから右足の甲、左ヒザが一直線になるようにする。
③息を吸いながら胸を大きく開き、後ろで手を組む。息を吐きながら腰を反らし、深い呼吸で30秒キープ。静かに脚を下ろして元の姿勢に戻り、逆も同様に行う。

◇簡易バージョン
ポーズが完成した状態で、首が前に倒れたり背中が丸くなってしまう人は、タオルを使ってトライしましょう。顔をまっすぐ正面に向け、胸を反らすことができればOK。両手を組まずに、両手でタオルの端をつかんで行いましょう。

外見だけでない、心も豊かな本当のいいオンナを目指しましょう!

ライター: 安藤けいこ
出典: ヨガでシンプル・ビューティーライフ vol.2「いい女になるためのポーズ」
監修: 内藤景代/1946年東京生まれ。早稲田大学卒業。実存主義からインド哲学に至り、ヨガの道に入る。以来、20数年間、沖ヨガ、ラジャ・ヨガ、クンダリーニ・ヨガ、カルマ・ヨガなどを修行。

RECOMMEND