Fitness & Sports

もう後がない!ギリギリまできちゃった人のためのダイエット術

2019/01/26

「ダイエット=幸せ」に変わる方法があった!

スポーツの中でも過酷さナンバーワンかもしれないボクシング。エクササイズとして楽しむのではなくスポーツとして戦う選手ならば、普段の厳しいトレーニングに加えて「減量」にも取り組まなくてはなりません。計量の前は水さえも我慢するとか。想像するだけでキツそうです…。

そんなプロボクサー生活を12年間過ごしてきた、太田優士さんが教えてくれるダイエット。気になりませんか?

究極のスリムダイエット術』(太田優士:著/コスモ21)こわいもの見たさでページをめくると

「もうあとがないあなたに!」というコピーが踊る表紙。プロボクサーだったという太田さんのプロフィール。この二つを見て、さぞかしキツイ食事制限とトレーニングを教えてくれるのだろう…と怖いもの見たさでページをめくれば…。

何とも意外な言葉の数々!何しろプロローグは「一番大切なのは自分を大好きになること」なのです。

「ダイエットしているつもり…」

内容も、まずはメンタル編からスタート。“ダイエットしているつもり”からの脱却を目指します。 “ダイエットしているつもり”って言葉、結構シビアですよね。自分を振り返ってドキッとします。でも大丈夫!脱却方法のアレコレを教えてもらえます。ここを読むだけでも、生活習慣を変えることの大切さを知ることができるので痩せられそう。

そして腸内環境編、食事編と続いた後に実践編となります。運動+食事を教えてくれる本はたくさんありますが、この本はさらに細かく指南してくれるのが特徴です。

最後はエクササイズの章。おなじみのエクササイズもあり、写真入りで解説されているので、だんだん適当になってしまいがちな家トレの復習にもよさそうです。

ダイエットはリーグ戦

「ダイエットは野球に例えると、プロ野球のリーグ戦。勝つ時も負ける時もあります。」という言葉にハッとさせられました。

ついつい目先の体重やサイズに踊らされてしまいがちなダイエット。この一冊で意識から変えて、今年こそ頑張れそうです!

ライター:幸雅子
画像出典:amazon

RECOMMEND