Fitness & Sports

立ち姿に差が出る!お尻の印象を変える二つの方法とは?

立ち姿で意外と目につく「お尻」。お尻の印象を変えるために、大切なことは姿勢と筋肉なんです。キュッと上がったお尻をめざすための2つの方法を紹介します。

お尻で立ち姿の印象が左右される!?

姿勢がよく、きれいな立ち姿の人を見ると、たいていお尻もしっかり持ち上がって、キュッとした印象ではありませんか?

反対に、だらんと垂れ下がったお尻は、老けた印象を与えがち…。自分では見えにくい場所ですが、人からは意外と見られている場所だったりするものです。それでいて、お尻はとても立ち姿の印象を左右する存在でもあります。

若々しい印象のお尻になるために、二つの方法をご紹介します。

1.姿勢を美しく!

お尻の見た目は、姿勢も関係しています。ソファや椅子で、だらんと座りながらスマホをいじっていませんか?背中が丸まってお腹が前に突き出している楽な座り方に慣れてしまうと、立っている時も同じ姿勢になっているかもしれません。

ふにゃりとしたその姿勢では、お尻も下向きになってしまいます。姿勢を正すと、お尻の印象も変わります。まっすぐ上に伸びた背骨を普段から意識してみましょう。

2.筋肉を鍛えて引き上がった印象に!

お尻の筋肉を鍛えることで、垂れ下がったお肉を引き上げましょう!オススメのポーズをご紹介!

【お尻を鍛えよう!橋のポーズ】

• 仰向けになり両ヒザを軽く曲げます。手は体側に手のひらを下向きにしておきます。
• 腰が反らないように、お腹をお軽く凹ませるように引き締めます。
• 足の裏で地面を押すようにしながら、お尻を地面から持ち上げます。
• 肩からヒザまでが一直線になるところでキープ。ヒザが広がらないように注意!
• ゆっくりとお尻を下ろします。

呼吸を続けながら、自分ができる範囲で始めてみましょう。鍛えた後はストレッチも忘れずに!

【お尻をストレッチ!鳩のポーズ】

• あぐらの姿勢から両手を前について右脚を後ろに伸ばします。
• 上半身を少しずつ床に近づけます。
• 心地のいいところでゆったり呼吸を繰り返してキープ。
• 起き上がって左右反対も行います。

筋肉をつけることで、リフトアップ効果を期待できます。立ち姿勢の時にも意識をしてみましょう。見た目だけでなく、今まで使えていなかった筋肉をしっかり使えるようになることで姿勢や歩き方も快適になります。機能的に体を使えるようになることは、さらに正しく筋肉を使うことにもつながります。いい循環を生み出して、健康的な体作りをしましょう!

 

 

ライター:櫻井麻美

さくらいあさみ。大学在学中に世界一周をし、卒業後は日本各地に住み込みで働きながら生活を送る。既存の価値観の中で生き方を考えることに違和感を覚え、自分はどうやって生きるのか?何をして生きるのか?について考えはじめ、ヨーガにたどり着く。現在はたくさんの人が幸せでいられるためのヨーガを伝える活動をしている。

RECOMMEND