Health & Beauty

賢い大人女子のダイエットは「自分へのごほうび」を上手に使って

日本人の永遠の宿題

英会話とダイエットは“日本人の永遠の宿題”と言われているそうです。つまり、いつまでも終わらない、ということ。確かにダイエット関連の広告を目にしない日はないくらいです。飲んで痩せる、食べて痩せる、そして楽して痩せる。ついつい頼りたくなってしまいます。

ダイエットは単純に言えば、食べるカロリーを消費するカロリーより減らせばOK。しかし必要な栄養を摂るのも、代謝を上げるのもサプリメントでというのは、あまり健康的ではありません。

体は食べたものでできています。やはり栄養は食べ物から摂りたいものです。焦りは禁物。バランスよく食べていると体の調子も整うので、結果、代謝が上がります。大人に「食べないダイエット」はオススメできないのです。

自分へのごほうび「豪華主義」のススメ

毎日頑張っている自分にごほうびをあげたい。よくわかります!仕事や家事を頑張っているのだから、ごほうびがあってもいい。まったくその通りです。

でも、毎日コンビニでアイスを買っているならちょっと待って!

冷たいものや甘いものは女子の好きなものの筆頭ですが、これらは冷えとむくみの大きな原因です。胃を疲れさせるので、食べたものの消化が悪くなり、体力がつかない=ますます疲れやすくなってしまいます。

とはいえ、これらを全面禁止にするのは悲しすぎるあなたにオススメなのが、「ごほうび豪華主義」。

いいことずくめの賢いダイエット

コンビニでチョコを3箱買うのではなく、チョコレート専門店のチョコレートトリュフを一つ買う。アイスを買って帰るのではなく、おいしいと評判のカフェでパフェを食べる。

これだと手間とお金がかかるので、毎日というわけにはいかなくなりますが、口にした時の満足感は何倍にも!回数と量が減りダイエットにいいし、素材がいいから体にいい。いいことずくめです。

大人女子は何ごとにも量より質で勝負!なのです。

ライター:幸雅子
出典:『3年後も素敵な女性でいたい人のやるべきことやめるべきこと』
監修:湊屋一子/ファッション、ライフスタイル、和文化など、幅広い分野で取材・執筆を手がけてきた経験から、総合的な視点でリアル・クローズを考えるファッションキュレーター。美容医療や健康補助食品、メイクにも詳しく、スタイルアップへのトータルアドバイスも行っている。

RECOMMEND