Health & Beauty

生理前のもやもや期で起こる肌荒れを整えるオススメ食材とは?

2019/09/02

エステティシャン・鍼灸師として豊富な経験を持つ森田真理先生。女性ホルモン研究家でもあり、不妊や産前・産後ケア、生理トラブル、更年期障害といった女性特有の症状に特化して治療をされています。今回は、生理前の肌荒れを改善する食事について教えていただきます。

女性ホルモンと亜鉛が肌荒れに影響

吹き出物ができてしまった!と悩んでいたら生理が始まった、そんな経験ありませんか?生理前の肌荒れを改善するためには、どんなものを食べればいいのか、真理先生にうかがいました。

「生理前の肌荒れにも、ホルモンが関与しています。ホルモンバランスが崩れがちな方は、生理前になると体内から亜鉛が失われやすいんですね。女性ホルモン・プロゲステロンは、亜鉛を維持します。逆に、もう一つの女性ホルモン・エストロゲンは亜鉛を排出させてしまいます。ホルモンバランスが整っていない方は、生理前になると亜鉛がどんどん喪失してしまうので、乾燥肌やサメ肌になったり、皮膚がかゆくなったり、吹き出物が出やすくなったりします」

生理前の肌荒れには、女性ホルモンと亜鉛が関係しているのですね。

食生活と薬に注意!

「亜鉛を補うためには、カキ・牛肉・レバー・うなぎ・豚肉・ホタテ・アーモンド・納豆、こういった亜鉛がたくさん含まれている食材を摂るといいですね。インスタント食品や加工食品、ファーストフードを多く摂る方、菜食主義の方、汗をたくさんかくアスリートの方、アルコールを多く飲む方は常時亜鉛が不足しがちなので、気をつけて食べてほしいです」

「それから、降圧剤(血圧を下げる薬)を飲んでいる方、抗生物質を摂っている方、利尿剤を飲んでいる方も、亜鉛が欠乏しやすいため、肌が荒れがちになります。気をつけてほしいですね」

生理前にも美肌を保つため、食事の内容に気を配りたいですね。

ライター:沢田聡子
監修:森田真理/Mari鍼灸Salonオーナー。痩身・美容鍼灸家として人気が高い。オリジナルブランド「ぎんざ美人灸」を持つ

RECOMMEND