Health & Beauty

万病のもと、高血圧を足裏から対策&予防!【幸運と美と健康を呼ぶ現代リフレクソロジーは究極のアンチエイジング】

2020/06/26

そもそも高血圧とは?

この記事を読んでいるあなたは、血圧が気になっていませんか?血管の内側にかかる圧力のことを血圧といいますが、この血圧が高くなる高血圧は、無自覚で気づかないうちに進行し、脳や心臓、腎臓などに影響し、脳卒中や心臓病などのリスクが高くなります。

では、高血圧にならないための対策はなんでしょうか?私達の体は、運動や環境の変化で常に血圧が上下しており、一時的な血圧上昇は問題ありませんが、安静時、慢性的に血圧が高い状態が続くと、「高血圧」と診断されます。

治療が必要になるのは、最高血圧160、最低血圧100以上です。生活習慣の見直しなどで改善を図り、さらに悪化すると、薬の投与が始まります。

健康な人でも一時的に血圧が上がることはありますが、ホメオスタシス(恒常性維持機能)によって、できるだけ一定に保とうとする体内コントロールが行われています。高血圧になるとこれができなくなります。

高血圧の原因は?

高血圧になる主な原因は、体を循環する血液量の影響です。通常、一定の量に保たれていますが、塩分の摂りすぎや腎臓の不調によって血液中の水分が増加すると、血管に負担がかかり血圧が上昇します。

また、心臓から送りだされる血液量の影響で高血圧となる場合もあります。激しい運動により、心臓が一度に送りだす血液量が増えてしまうと血圧が上昇します。

その他、毛細血管に血液を流そうとしているのに、先の血管が狭く、収縮して流れにくくなっていたりすると、先端まで血液を流そうとして圧を高めてしまうことも、高血圧の原因です。また、いわゆるドロドロ血液になっていると、血管内でスムーズに流れることができず、体は圧を上げて血液を流そうとして、高血圧の状態が続く場合にも問題があります。

根本原因はやはり生活習慣

以上のように、血圧上昇をまねく仕組みは種々ありますが、高血圧を起こしてしまう根本的な原因は、アルコール過多、ストレスによる脳疲労、自律神経の乱れ、冷え、睡眠不足、肥満(肥満の人に多い脂肪細胞は、血管を収縮する物質を分泌しています。過労、老化、食生活の乱れ(塩分過多、カリウム、カルシウム不足など)です。

病気が原因で起きる高血圧もありますが、生活習慣などの影響で高血圧になるケースがほとんどです。そこで食事や生活習慣の改善と併用してサポートできるセラピーがリフレクソロジーです。

実際、施術を受けながら血圧測定器で血圧を測ると、高かった血圧がみるみる下がっていく症例が、たびたび報告されています。また定期的にリフレクソロジーの施術を受けると降圧剤から開放される可能性が非常に高くなります。

ストレスによる脳疲労、自律神経の乱れに対する効果はリフレクソロジーの最大の得意分野です。ぜひお試しを。

◇高血圧の予防と回復に役立つリフレクソロジー

頭部
第一趾

心臓
左足の横隔膜の上2列

腎臓
土踏まず真ん中あたり

副腎
腎臓のとなり

ソーラープレクサス
足裏真ん中の凹み

横隔膜
ソーラープレクサスの上のライン

終わったらたっぷりとミネラルウォーターを飲むのを忘れずに!

土屋朱美
リフレクソロジスト、アロマセラピスト、ヒーラー、エネルギーワーカーとしても20年以上のキャリアと豊富な知識を持ち、その確かな技術と優しい施術に幅広いファン層の支持を持つ。現在、横浜市金沢区みなと旅館内みなと湯、リフレクソロジーサロンにて施術を行っています。
http://www.minatoyu.com/relax.html

RECOMMEND