Health & Beauty

口のまわりから老けていく…上からたるみを引っ張り上げてほうれい線を撃退!

口のまわりの深い溝は老けサイン

13回にわたって、元タカラジェンヌでヨガインストラクターの舞名里音さんに顔の悩みに合わせたエクササイズ教えていただきます。

今回のほうれい線

ほうれい「線」とはいいますが、実は肌のたるんでできた脂肪のたまり。“顔の体幹”とも言われる口輪筋と、目のまわりの筋肉である眼輪筋を同時に鍛えて、顔面のたるみを一気に引き締めます。

口をすぼめるのを維持するのがキツいなら、たるみが進行しているサインと心得て。額と眉は動かさないようにしっかりと抑えて行うのがポイントです。

【フェイスヨガ前のお約束】

①姿勢を整えて、穏やかな呼吸をしながらリラックスして行います。
②頑張りすぎるのはNG。舌を出す運動などはやりすぎると顎関節症になってしまうので要注意!無理のないように。
③エクササイズはいつ行ってもOK!継続するのが大切です。
朝:笑顔で一日がスタート!むくみケアにも。
昼:仕事の合間などのリフレッシュに。
夜:美容ケア・副交感神経を刺激して入眠のサポートになります。
※編集部注:注意書きはすべての記事に挿入します

⑦ほうれい線対策
1:ほうれい線が消えるよう、少しすぼめるイメージで口を閉じる。

2:額に手を置き、額、眉が動かないようにキープ。

3:眼球だけを上に動かす。

ポイント:
口は力を抜いて軽く閉じて。ただ口を閉じるだけだったり、ギュッと力を入れすぎたりするとほうれい線は消えないので、鏡を見ながら筋が消えるすぼめ方を探してみて。

NG

監修:舞名里音
IHTA認定ヨガインストラクター、バレトン(ソール・シンセシス)
宝塚歌劇団花組で娘役として8年間在団。在団中にYOGAと出会いすぐに虜に。自身がYOGAに支えられた経験もあり、その素晴らしさを多くの人に伝え、笑顔を届けたいという気持ちからヨガインストラクターとして活動する。
取材・文:佐倉 光
写真:市田智之

RECOMMEND