Health & Beauty

あなたは大丈夫?緩い動きでも起こる「新型ヒザ痛」の予備軍かもしれません!?

20〜30代女性に増加中!「新型ヒザ痛」とは?

女性のうち20〜30代では29%、40〜50代では35%(※1)。これは「ヒザの痛みを感じている人」の数です。ヒザが痛い、というと加齢によるものというイメージですが、実は年齢による大きな差は見られないのです。

若いうち、ヒザの痛みと言うと、激しい運動が原因で起こりやすいと考えられがちです。しかし、軽い運動でヒザのトラブルを抱えることも。
初心者向けのヨガやダンス、ストレッチなど、息切れしないような動きの運動を始めたことがきっかけで、ヒザの痛みや違和感が続き、受診される20〜30代の女性もいます。
これは「新型ヒザ痛」。潜在的にも多くいることが想定されています。

あなたは大丈夫?「新型ヒザ痛」のチェック

あなたのヒザのようすをチェックしてみましょう。予備軍ではないですか?

【新型ヒザ痛チェック】

・もともと運動が苦手
・ヨガやダンスなど軽い運動でヒザが痛くなったことがある
・日常生活でヒザに違和感を感じることがある
・運動不足解消のためにランニングなどをやってみたことがあるが続かない
・まっすぐ立つと太ももとヒザの間に隙間ができる
・最近太ってきた、もしくはもともと太り気味
・腰痛、肩コリを感じている
二つ以上当てはまったら。「新型ヒザ痛」になる可能性あり。早めにケアしましょう。
「横」の動きに要注意!
ヒザは歩く時の動きである前後の曲げ伸ばしだけでなく、骨と靭帯、筋肉の連携により、わずかですが横に動かすことも可能な部位です。そのため、気づかないうちに 負荷がかかっているとも言えます。
中でも、ヒザは横の動きに弱いのが特徴。横の動きをすると、ヒザの左右にある側副靭帯に負荷がかかり、炎症を起こしやすくなります。

新型ヒザ痛を重症化させない予防法は?

ヒザの違和感を感じたら、早めのケアで重症化を予防しましょう。どれも手軽な方法なので、痛みが改善した後も継続して日々取り入れるのがオススメです。

1:食事
骨や筋肉の基礎を作るタンパク質を積極的に摂取しましょう。5大タンパク源である肉・魚・卵・乳製品・大豆製品のうち、毎食2種類以上取り入れましょう。

2:運動
運動をするために必要なヒザのまわりの筋肉をつけることで、「新型ヒザ痛」の重症化を予防できます。例として、椅子を使って行う負担の少ないものを紹介します

◇ヒザの上げ下ろし運動

イスに腰かけ、ゆっくり片脚ずつ曲げ伸ばし。これを10回ずつ繰り返します。その後片脚ずつ伸ばし30秒キープ。負荷をかける場合は、イスに浅めに座るとよいでしょう。

3:装具
脚を正しく動かす補助となるのが、ドラッグストアなどで購入できるサポーターです。着用することで、不安定な関節をある程度安定させ、負担を軽減する圧迫効果が期待できます。
さらに保温効果を得ることもできます。ヒザを温めることで血液の循環がよくなり、筋肉の緊張を和らげ、疲労しにくい環境にしてくれます。動く時に着用するものなので、ズレ落ちにくく動きやすい、サポート力の強いものを選びましょう。

◇プロ・フィッツ 薄型圧迫固定サポーター ひざ用
サイズ:M、L
カラー:ブラック
価格:オープン価格
https://www.pipjapan.co.jp/products/supporter1/665407/

※1ピップ調べ 2018年11月(20〜59歳女性 n=4961)
ライター:幸雅子
教えてくれた人:佐藤務先生/稲毛病院 整形外科・リハビリテーション科、健康支援科部長。予防から在宅医療まで総合医療を展開。栄養学を基本とするダイエットやサプリメントの研究を行い、その知識と指導力は各界で支持されている。昭和大学医学部統合医学科講師。健康スポーツ医。日本医師会認定産業医。
情報提供:ピップ株式会社 

RECOMMEND