Health & Beauty

コレステロールがなければ女性ではいられない!? ホルモンとの意外な関係

コレステロールは女性ホルモンの原材料!

 

コレステロールというと悪いイメージを持っている人は少なくないかもしれません。でも実は、女性ホルモンの原材料はコレステロール。コレステロールがなければ、女性ホルモンを作り出すことができません。

初潮を迎えたころを思い出してみて下さい。それは身長が伸び、腰まわりが少し女性らしくなってきたかな、という時期だったと思います。なぜそのころに初潮が来るかというと、女性ホルモンのもとになるコレステロールは脂肪の一つなので、思春期を迎えて体に脂肪がついて初めて、エストロゲン(卵胞ホルモン)という女性ホルモンが分泌。このエストロゲンが体のリズムを作って、排卵やもう一つの女性ホルモンであるプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が起こり、月経が促されるからです。

一方、マラソン選手などアスリートで月経が止まってしまう人は、激しいトレーニングによって原材料である体脂肪が少なくなりすぎるため。女性ホルモンを分泌させるために、女性にとってある程度の脂肪は必要というわけです。

女性ホルモンが大事な理由

 

でも、月経なんて面倒だし辛いし、いらないから止まってしまってもいいんだけど…なんて思っていませんか? その考えは大間違い! なぜなら、女性ホルモンは月経を促すだけでなく、妊娠しそれを保つために、女性の体にさまざまなコントロールをかけているから。例えば、体温調整(基礎体温を上げる)、骨の中のカルシウムの流出を防ぐ、血管の収縮を防ぐ、自律神経の調節などです。だからストレスなどで生理不順になったりすると、その分心身に大きな影響を及ぼすのです。

もちろん、血液中のコレステロール値が高すぎると動脈硬化などの生活習慣病の原因になってしまいますが、見方を変えて、コレステロールが女性らしくいられるために不可欠なものと思えば、つき合い方も少し変わっていくのではないでしょうか。

 

 

ライター:平地紘子

出典:Yogini・vol56/「女性ホルモンについてきちんと学ぼう」

監修:高尾みほ(女性のためのクリニック「イーク表参道」副院長)

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE