YOLO

Health & Beauty

口がくさい、ねちぇねちゃ・・・ キスで彼に幻滅されないための三つのこと

なんとなくの不調…それはアーマのしわざかも

人が何か食べると、それは消化・吸収されて体の一部となり、不要なカスが排出される。というのはごく一般的な認識。さらにアーユルヴェーダでは、この時「消化」が完全にはできず、かつ不要物として排出もできず、体の中にやまったままとなった「未消化物」ができる場合があると考え、それを「アーマ」と呼んでいます。

「アーマ」が体内にあると、体の正常な機能が阻害されてしまいます、体が重い、寝起きが悪いなど、さまざまな不調を感じることも。だからアーユルヴェーダでは、アーマを解消することで、心身をすこやかに保つことができると考え、その解消法を教えています。

アーマは目で見たり、つかんだりできないものとされていますが、たまっていると現れる症状があります。自覚があれば要注意です。

1:臭い
口臭や体臭、おならの臭いが気になる。

2:ベタベタする
肌や口の中がベタベタする。便の粘性が強くなる。

3:重い
体が重い、気が重い。

怖いですよね〜。意外に誰でも持っていそうなものばかり。これ、どうすればいいの?

消化力を整え、流す方法

それでは簡単に取り入れられる、三つのアーマ解消法をご紹介。

1:お腹が空いてから食べる
朝、昼、夜と時間で食べる習慣の人には、案外これが難しい。間食して、空腹ではないのに食事をするのもNG。空腹感がない=アーマがある、ということ。過剰に食べたものがアーマ化する可能性が高いのでです。

2:塩味・辛味・酸味の食事で消化の火・力(アグニ)を上げる
アーマを作らない前提として、アグニを強く保った状態にしておくことが大切。塩味・辛味・酸味はアグニを上げてくれます。空腹感はあるのに食欲がないという時には、味つけを工夫してみましょう。

3:寝る直前、65°程度の白湯をすするように飲む
実はこれが一番オススメの解消法。熱めの白湯を体内に通すことで、アグニを強め、さらに流す力(スロータス)をサポートして、排出力を高められます。この方法は、老若男女、ライフスタイルにかかわらず取り入れやすいところも優れています。

シンプルで正しい方法を習慣にする。アーマをためない、すこやかな生き方にシフトしていきませんか?

 

 

ライター:幸雅子
出典:『Yogini』vol.47/「アーマをためない生き方 消化の火流す力を整えてすこやかな私へ」
監修:及川史歩(アーユルヴェーダ医師。日本アーユルヴェーダスクール副校長。当校専門家卒業後、インド国立グジャラート・アーユルヴェーダ大学に留学し医師課程を卒業。ヨガ療法と自然療法大学院課程修了証取得。マニバル大学カストゥルバ病院にてパンチャカルマ課程修了証取得。美容師経験を生かして、ビューティー・アーユルヴェーダにも取り組んでいる。)

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE