Lifestyle

ベランダでもできる!オススメ「お外メディテーション」

2020/07/26

ちょっとした気分転換がしたい時、なんだかざわざわ心が落ち着かない時、瞑想(メディテーション)はとてもいい方法です。静かな部屋の中でやるのももちろんいいですが、屋外でもとても心地いいんですよ。ベランダでもできる、「お外メディテーション」を試してみませんか?

メディテーションって?

瞑想(メディテーション)にもさまざまな種類と目的がありますが、気軽に取り入れられるものもたくさんあります。精神修行など難しいイメージを持つ方も多いですが、日常の中にメディテーションがあると心地よく毎日を送る手助けになってくれますよ。

メディテーションは集中力を高めることができ、自分の思考や感情などの整理整頓にもなります。日常の中で自分をリセットする習慣をつけることで、自分で自分をマネジメントすることにもつながります。

今必要なものが何かを理解し、必要ないものを避けることができるので、より快適な状態を自ら作り出すことができるでしょう。

お外でやると何がいいの?

メディテーションは静かなところでやるのもいいですが、外で自然を感じながらやるのもとても気持ちがいいですよ。太陽の光の温かさ、風が吹く肌の感触、鳥のさえずりや、街の音。自然を感じられるところなら、その自然が心をゆるめてくれるでしょう。

あまりうるさいところではやりにくいかもしれませんが、適度な音があれば、あえてそれに意識を向けてみるのもいいでしょう。スペースのあるベランダでもできるので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

お外メディテーションをやってみよう

安全な落ち着くところで、外の空気を感じながらメディテーションしてみましょう。室内とはまた違う心地よさを感じることができますよ!

1.座りやすい平らなところに座りましょう。クッションなどを使うのももちろんOK。
2.ゆったりと呼吸を繰り返しながら、呼吸に集中を向けていきましょう。
3.呼吸以外にも、太陽の温かさ、風の感触、自然の音、街の音、自分が好きなものでもOK(人の話の内容が聞こえると集中しにくく感じる時は、少し離れたところがオススメ)。
4.一点に集中していると、思考が浮かんでくることに気づきます。考え込むのではなく、思考に気づいたらまた一点に集中を戻します。そこにいい悪いの評価をせずに、浮かんでは過ぎ去っていくのを観察していきます。
5.自分のペースで5分くらいから続けてみましょう。

最初は頭の中にたくさん思考が浮かんで、集中しにくく感じる人も多いかもしれません。でも、それでもいいのです。思考に気づき、自分の今の状態を知ることも大切な要素です。頭の中を静かにしなければ、という考えを捨ててチャレンジしてみてくださいね。

ライター:櫻井麻美
大学在学中に世界一周をし、卒業後は日本各地に住み込みで働きながら生活を送る。
既存の価値観の中で生き方を考えることに違和感を覚え、自分はどうやって生きるのか?何をして生きるのか?について探求している。「生きること」をテーマに様々な角度から発信している。

RECOMMEND