Lifestyle

【心のプロが答える】世の中ってそもそも思い通りにいかないものなのかも・・・

心のプロが、日常によくある悩みに明解な回答!今日は、いろいろと思い通りに進まない、鬱々な日常を変えるには、どうしたらいいかについて。カウンセラーならではの見方が、あなたの心を助けてくれますよ。

【今日のご相談】
仕事もプライベートも、思った通りにいかないことが多いです。自分が急いでやった仕事でも周りの進みが遅くて止まったり、上司や顧客の確認待ちで止まったり。プライベートでも彼氏や家族とうまくいかなかったり…。何とかならないものでしょうか。

【今日のお答え】

思い通りにいかないのが普通

日々頑張っているんですね。いろいろなことを全力でやっている証拠だと思います。毎日、お疲れ様です!

思い通りにいかないことは、時にイライラの原因になるし、不愉快な時もありますよね。でも、もしかして本当は、世の中ってそもそも思い通りにいかないものなのかもしれませんよ。

自分のことは自分でコントロールできますが、自分以外の人やもののことはコントロールできないのですから。

人それぞれの自分のペースがある

仕事を進める時、自分にちょうどいいスピード感がありますよね。それはあなたにとっては「速い」というリズム。でも、相手にも「ゆっくり」というリズムがあるのかも…。そうだとしたら、相手も「何であの人一人で速くやって、一人でイライラしてるのかな」なんて思っているかもしれません。

自分が思っていることは、自分がそう思っているだけで、パートナーは(あるいは家族は)違うように思っているのかもしれませんし、むしろ相手が思っていることのほうが、世の中では「普通の」ことの場合もあります。何が「普通」」なのかというのはあいまいで意味のない議論ですが、少なくとも、彼らには彼らの思考や言い分があって、そう思っているわけです。

相手も、あなたを「思い通りにならない人」と思うかも

思い通りにならないことはいっぱいありますが、自分が誰かのことで「思い通りにならない!」と思っている時は、だいたいの場合、相手も同じように、こちらのことで思い通りにいかないと思っています。これが人間関係の難しいところです。

自分から変化しようと思わない限り、人は変化しません。あなたがそうであるように、相手もそうです。だから、思い通りにならないのは仕方ありません。あなたとは違う人で、あなたの思い通りに動くロボットではないのだから。

相手に感情のトリガーを握らせない

そういう時は「思い通りにいかない」と腹を立てるよりも、相手はそういう人なんだなと思ってはどうですか。腹を立てても何も変わらないし、相手に自分のイライラのトリガーを握られてしまうこともシャクです。イライラのトリガーは感情のトリガー。感情のトリガーを握られるということは、人生の主導権を握られることでもあります。

人間関係は自分の写し鑑。自分がつき合える人だけが残るようにできています。だから思い通りに進まない今という現実にも、何かの意味はあるのだと思います。そこから抜けたいと思ったら、自分がレベルアップすればいいのです。

 

 

ライター:あかり from 6483works
話を聞いた人:柳田正芳
1983年生まれ。中央大学卒業(専攻は社会学)。性に関する世界最大の研究者組織「世界性の健康学会」の公式委員会YOUTH INITIATIVEのメンバー。思春期若者世代の性の悩み相談・悩み解決に携わる。その他、「両親学級」で講師を務めたり、大人の性の相談を受けるなど、民間活動から行政の依頼事業まで幅広く活動。

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE