YOLO

Love

えっ、今日!?彼を招く緊急 お泊りデートのための三つの備え

2018/05/22

お泊りに備えるのは、つき合ってからじゃ遅い!意中の彼が、酔った勢いやデートの帰りに、自分の家に泊まりたいと言ってきたらどうする?どんな時にも「備えよ常に」ですよね(笑)。彼を招き入れるための三つの重要ポイント、しっかりと抑えていきましょう!

彼を招き入れるための三つの重要ポイント

01.
やっぱり抑えるべきは部屋着から

いざ彼に我が家に来てもらったら、彼にもリラックスして過ごしてもらいたいですよね。自分の勝負部屋着を用意しておくことはもちろんですが、彼にも「これでよかったら着て」と渡せる部屋着を用意して、おもてなししましょう!

でも、学生時代のジャージは、いくら使いやすくてもNG!着心地のよい柔らかな素材のものを用意して。肌触りって大事だな、と思わせることで、その次はあなた自身の肌に触れる想像を掻き立てるかも?

02.
お風呂の掃除もこまめに!

ロングヘアーの人なら見慣れている、排水溝の抜け毛。でも男性は、「あんなに抜け毛がたまるの!?」と衝撃を受けてしまうでしょう。清潔感のなさは、一番彼を萎えさせますから、普段からこまめに掃除する癖をつけておけば、いざという時にも安心ですね。

また、ミラーに水垢がたまっていたり、シャンプーボトルに液垂れがあったりと、ちょっとしたことでも意外に気になるもの。日ごろからシャワーのついでにササッと手入れするなど、気をつけておきたいですね。

そして、彼のシャワー上がりには、ふわふわのタオルを渡して、女性らしさをさらにアピールしてみて。

03.
いよいよベッドインで…

勝負部屋着も下着もバッチリ。シャワーも浴びたし二人ともいいムード。あとはベッドイン…という時、あなたの枕カバーやシーツは大丈夫?

特に枕は、年齢に関係なく、どうしても頭皮の匂いがついてしまうもの。あなたは慣れた自分の匂いだけど、彼からしたら「ちょっと臭うな…」という印象を与えかねません。もちろんシーツも同じこと。

特に夏場は汗もかいてるから、こまめに洗濯は必須!ですが、いざという時は、彼がシャワーを浴びている間に、枕カバーだけでも洗濯ずみのものに交換しちゃいましょう。

さらに、ここでも肌触りを意識した寝装品だと、気持ちが盛り上がりやすいかも。裸に毛布が気持ちいいように、ついつい服を脱いでしまいたいような肌感覚をくすぐって、気分を盛り上げたいですね。

 

おつき合いがまだ始まっていない?なあいまいな関係な人も、好きな人ができた時から、まずしたいことは、彼を迎え入れる準備。行動を起こすと、結果は後からついてくる!なんてよく聞く話。今日帰ったら、今すぐお部屋の掃除、始めてみませんか?

 

ライター:伊藤香奈
鎌倉在住。海・ヨガ・SUPを愛するフリーランサー。ヨガインストラクター育成講師/OL/SUP&ヨガインストラクター/ライターのパラレルキャリアを実践中。

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE