Love

彼が本当に気持ちいいタッチを知れば二人の関係はさらに深まる!

2018/10/16

彼との週末、雰囲気よく優しい時間を過ごすために、タッチの仕方を伝授。おなじみの理学療法士koumei先生の直伝だから、確かな知識満載です。お互いに相手をリスペクトし、相手のためにする工夫。二人の仲を深めるにはとても大切な時間になりますね。

『乳様突起』で焦らしましょう

『乳様突起』何て読むのでしょう?「ニュウヨウトッキ」と読みます。耳たぶの裏側、少し下のあたりにあります。

ここは強い力がかかると骨折したり、もっとひどくなると、脳に障害(運動麻痺など)が起こってしまうかもしれない場所。刺激に対して敏感な部分なので、ここをソフトにタッチしてあげると、彼の気持ちをわしづかみに!

例えば、お休み前、彼にくっついて耳たぶから乳様突起に最後のKiss!そして、つぶやくように「おやすみ」。その後は寝返りを打って反対側を向きましょう!もちろん離れすぎないで。残り香で彼は眠れなくなっちゃうハズ。

『うなじ』で焦らしましょう

今度はうなじ。後頭部から肩口にかけての首筋ですね。言わずと知れた急所の一つ。

ここは、彼に抱きついた時とか、とじゃれ合っていて背中からとか、いろいろ触れられるシチュエーションが考えられます。指先で、鼻先で、彼のうなじに触れる。「いつも一緒にいてくれて、ありがとうね!」なんて言葉も添えてみて。

ただし、間違っても強い刺激はダメ。首には血圧をコントロールするセンサーがあります。緊張が一気に上がると体が異常反応して、雰囲気を壊してしまいます。だからこそ、しなやかに優しく触れることで、ぞくぞくするような気持ちよさが与えられるのです。

焦らす時、主導権はあなたにある

焦らしのテクニックは、主導権を渡さないことが大切。翻弄されるから、彼の気持ちはあなたに集中するのです。!

そして、今回紹介した2個所は、人間としての急所。だから潜り込めたら、もう成功なのです。

 

ライター:koumei/理学療法士・ヨガ講師・健康運動指導士・介護予防運動指導員。超有名芸能人からトップアスリート、障害者(児)まで全国で指導。硬い話からエロい話まで、医学的に体感的に経験的に説得力満載で解説。

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE