Love

忙しすぎる彼に会えなくてツライ…彼に「ハッピートリガー」握られちゃってる人必読!

2019/01/09

【今日のご相談】
彼が忙しすぎてなかなか会えません。寂しいです。会った時はとっても楽しくて、やっぱり私にはこの人しかいないって気持ちになるのですが、会えない時が多くてツライです。このツライ気持ちをどうしたらいいでしょうか?

【今日のお答え】

彼に「ハッピートリガー」を握られてない?

誰でも、好きな人に会っている時はうれしい。デートが終わって帰る時は悲しい。会えない間は寂しい…。そういうものだと思います。ご相談者さんの素直な想いと、彼氏さんを大好きな気持ちが、とてもよく理解できる気がします。

でも問題は、今、彼氏さんに、自分の「ハッピーな気持ちのトリガー」を握られてしまっている状態なこと。大好きだからこそそうなってしまうことは理解できますが、それではツライ一方です。彼氏さんとは関係なく、没頭できるものや集中してのめり込めるものを作ってみてはどうでしょうか?独りでそれをやっている時間もとても楽しめる、という何かを作るのです。

新しいものを吸収する時間を持つ

見つけ方は比較的簡単です。意識していろいろな場所に行って、いろいろな人と会って話をしてみて下さい。恋人に夢中になっている時は、知らず知らずのうちに世界が狭くなっているもの。「会えないことが寂しい」とご相談されるくらいですから、今はかなりその傾向が強くなっているのではないかと思ってしまいます(外れていたらごめんなさい)。

意識的に外に出ていって、いろいろな刺激を吸収してみて下さい。酸欠状態の体に酸素が巡るかのように、拓けていく感覚が伴うと思います。新しい趣味や楽しみに出会えるかもしれません。

また、恋愛を大切にし始めると、仕事が後回しになったりする場合もありますが、この機会に仕事にも集中するように、ライフスタイルを入れ替えるのもいいかもしれません。

「次に会う時にはこうやって喜ばせよう」

もう一つオススメなのは、会えない時間を、彼を想う時間にすること、彼を想って自分磨きの時間にするのです。「寂しい」、「会いたい」という気持ちは「自分の寂しさを埋めたい」という気持ちの裏返しです。それだけに終わらず、「会いたいからこそ、次会う時はこうやって喜ばせよう」、「次会うまでにこんな自分になっていよう」という風に前向きに考えてはどうでしょうか?会えない時間が、ただ待ち遠しいだけの空虚な時間にならず、自分磨きのための価値ある時間に変わります。

こういう時間を作って楽しめるようになると、自分で自分を楽しませて、自分の人生を自分でハンドリングできるようになります。人生も充実します。

恋愛は自立できると長続きする

恋愛は自立した者同士が結びつく時だけ、長く続きしてうまくいくものなのです。自分一人の時間も、自分で自分を楽しませることができて、パートナーと一緒にいる時間はさらに楽しめる、そんな人同士でないと長く続けるのが難しいもの。彼氏さんとのいい関係を長く続けるためにも、自分で自分を楽しませられるものをいくつか持っておくといいと思います。

ライター:二宮誠 from 6483works
お話を伺った方:柳田正芳
1983年生まれ。中央大学卒業(専攻は社会学)。性に関する世界最大の研究者組織「世界性の健康学会」の公式委員会YOUTH INITIATIVEのメンバー。若者世代にリプロヘルスサービスを届ける会Link-R代表。思春期若者世代の性の悩み相談が専門。「性」という表立って相談しづらいテーマで相談に乗れる・粘り強く話を聴くなどいくつかの理由から、年代を超えた様々な人から様々な内容の悩み相談を受けている。ほかに、「両親学級」で講師をつとめるなど、民間活動から行政の依頼事業まで幅広く活動している。

続きを読む

RECOMMEND

FEATURE