Brand

  • YOLO
  • Yogini
  • 楽園ゴルフ
  • トリコガイド
  • ei cooking

宮古牛やヤシガニなど絶対食べたいおすすめの宮古島グルメ8選!

“宮古ブルー”と称賛される透き通った美しい海を見ながらの散策や、マリンスポーツを存分に幻といわれる宮古牛や、美味と名高いヤシガニなど個性あふれる食材の宝庫を食べ尽くしましょう。

定番から希少部位まで味わえる「宮古島 焼肉 火神」

せっかくだから宮古牛のいろいろな部位を食べてみたい!そんな人へおすすめなのが、おまかせ特選3種盛。宮古牛を半頭買いしてるので珍しい部位だって豊富。美味しい部分を提供してくれます。

稀少宮古牛極選セット。半頭買いしているから出せるこのラインナップ!宮古牛のレアで美味しい部位を味わえるぜいたくなひと皿は見逃すべからず。

宮古牛の旨みを最大限引き出す炭火でいただきます。和牛のほかにも輸入牛やサイドメニューも豊富に用意しています。

テーブル席、掘り火燵の席もあり、半個室でファミリーから接待まで幅広く利用できます。

【DATA】
宮古島 焼肉 火神(みやこじま やきにく かがみ)
住所:宮古島市平良松原548-1
電話:0980-79-5129
営業時間:12:00〜14:00L.O.、17:00〜22:00L.O.
定休日:木曜日
URL:http://kagami.okinawa/

厳選された宮古島の幸「魚宮」

タクシードライバーは美味しいヤシガニをたずねられると、この店を案内することが多いそう。「生を使うと身のプリプリ感が全然違う」と店主の立津さんは、自らヤシガニを捕り、食べる寸前でしめます。いかすみ釜飯や、軽く炙った宮古牛の握りも人気。コースがおすすめです。2016年にリニューアルしたばかり。

ヤシガニは伊勢エビのような食感と甘さ。ヤシガニ入りのおすすめコースは宮古の味満載です。

グルクンの唐揚げ。衣はサクッ、身はふっくらです。

いかすみ釜飯はコウイカのイカスミを使用。香りと旨みが奥深い一品です。
【DATA】
魚宮(うおみや)
住所:宮古島市平良字西仲宗根3-1
電話:0980-72-7824
営業時間:11:30〜14:00(予約のみ)、16:30〜22:00 ※21:00L.O.
定休日:不定休

宮古牛を本格ハンバーガーで「DOUG’S BURGER」

宮古島初のアメリカンスタイルの本格バーガー店。宮古牛をぜいたくに使用したパテはずっしり分厚く、肉汁を保ちつつふっくら仕上げるスチームオーブンで調理。ガブリと食らいつけば、あふれんばかりの肉汁と肉の旨みが弾け出します。マスタード代わりの和辛子や、オニオンリングに使うダシなど、日本人に合う隠し味が利いています。

DOUG’S・DO.W.A.Tチーズバーガー。パテ1枚に+¥200でLAVA(溶岩)にアップグレードできます。

テイクアウト用のダグズ・ツナサラダはお土産にもぴったりです。

サクッとして甘い、隠れ名物のオニオンリングス。

【DATA】
DOUG’S BURGER(だぐずばーがー)
住所:宮古島市平良下里1153-3-101
電話:0980-79-0930
営業時間:11:00〜20:00
定休日:なし
URL:http://www.dougsburger.com/

宮古島の厳選素材が集結「おふくろ亭」

近海ものの魚介類の寿司や丼、島豆腐やチャンプルーなどの郷土料理、絶品の宮古牛握りなどメニュー豊富。店主の武富さんは、和食の料理人。アーサは良質な多良間産を選ぶなど、厳選した宮古島の食材を使っています。人気の海ぶどう海鮮丼は、弾ける食感の海ぶどうと魚介がたっぷり。こだわりのアーサは、天ぷらや、ゆし豆腐を入れたアーサー汁で。

海ぶどう海鮮丼はイカ、マグロ、タコ、サーモンなど具材満載。

宮古和牛寿司は8貫とお得。軽く炙った宮古牛は香ばしさとともに脂が甘くとろけます。

【DATA】
おふくろ亭(おふくろてい)
住所:宮古島市上野新里36-1
電話:0980-74-7723
営業時間:12:00〜14:00L.O.、18:00〜22:00 ※21:00L.O.
定休日:日曜日

定番から魚料理まで豊富「肴処 志堅原」

宮古島の新鮮素材を使った、和・洋・中・沖縄料理を飽きのこない幅広いメニューで提供してくれます。特に注目すべきは魚料理で、その魚に合う調理法の中から塩焼き、煮付け、マース煮、バター焼きなどを選択でき、その日一番食べたい魚料理をつくってもらえます。素材の新鮮さと料理人の腕が見事に組み合わさった味をぜひ。

宮古牛の中でもA4〜A5ランクのザブトンを使用したぜいたくなあぶりにぎり。口に入れると良質な脂がほどよく溶け最高です。

ケースには宮古島近海の最高の鮮魚がズラリと並び、その日一番美味しい調理法で食べられるというなんともぜいたくなひととき。

和の雰囲気で落ち着きのある店内は大人の時間が流れています。奥と中庭にはオーナー自ら9カ月かけつくり込んだこだわりの空間が広がり、料亭さながらの雰囲気で食事が楽しめます。

【DATA】
肴処 志堅原(さかなどころ しけんばる)
住所:宮古島市平良西里236
電話:0980-79-0553
営業時間:18:00〜24:00 ※23:00フードL.O.、23:30ドリンクL.O.

定休日:火曜日

甘くて軟らかなタコ料理「すむばり食堂」

店名は「隅っこの土地」という意味。店主の狩俣さんが毎朝漁港から仕入れてくる鮮度抜群のタコを使った料理は、甘くて軟らかい絶品です。

タコの甘みが抜群の、タコ炒め定食。タコと野菜がたっぷり。

自然な甘さのだしと卵で閉じた、たこ丼。

【DATA】
すむばり食堂(すむばりしょくどう)
住所:宮古島市平良字狩俣768-4
電話:0980-72-5813
営業時間:11:00〜17:00 ※1〜3月は〜16:00
定休日:年末年始、トライアスロン大会時
URL:http://www.sumbari.com/

昔んがらの島の味を手作り「おきなわ食材の店 蔵」

宮古島の豊かな食材を使った郷土料理を食べてほしい、という女将の古城さんの思いが込もった店。一品料理だけでなく麺、汁物なども豊富に揃っています。

おすすめの日替わりおまかせ煮付け定食は、豪快な煮付けに小鉢とミニそば付き。

イカスミ汁は宮古味噌と豚肉、ダシが利いた濃厚な旨み。

宮古島産はじめ泡盛は多種。甕から1杯ずつ注文できます。

【DATA】
おきなわ食材の店 蔵(おきなわしょくざいのみせ くら)
住所:宮古島市平良字久貝654-6
電話:0980-73-4071
営業時間:11:00〜14:00、18:00〜23:00
定休日:不定休

極上の宮古島食材を鉄板の上に「MARALUNGA 鉄板焼」

南国の極上リゾートを体感できるシギラベイサイドスイートアラマンダの1階にある和琉創作料理と鉄板焼を楽しめるダイニング。その鉄板焼カウンターで味わいたいのが、宮古島ならではの極上食材の数々。目の前で繰り広げられるシェフの華麗な手さばきと炎の競演も、目を見張る楽しさがあります。究極の素材を、大人だけの落ち着いた雰囲気の中で堪能したいですね。

綾道(あやんつ)コースでは、宮古牛のサーロインとヒレの食べ比べに、活伊勢エビや活アワビ、せみエビ、フォアグラや島野菜が次々登場。宮古牛のサーロインステーキは、旨みと軟らかさが秀逸。

宮古島近海で捕れたせみエビ、伊勢エビ、アワビ。生食できる鮮度抜群の素材に火を入れてさらに美味しく。

【DATA】
MARALUNGA 鉄板焼(まらるんが てっぱんやき)
住所:宮古島市上野字新里926-25
電話:0980-74-7100
営業時間:18:00〜22:00 ※21:00L.O.
定休日:なし
URL:https://www.nanseirakuen.com/allamanda/maralunga_teppan.html

※この情報は2017年3月現在のものです。営業時間や定休日などは変更となる場合がございますので、お出かけ前にご確認ください。

出典

Share

Profile

トリコガイドシリーズ 編集部

トリコガイドシリーズ 編集部

オンは仕事をバリバリこなし、限られたオフはおもいっきり羽を伸ばして楽しむ!そんな大人のキャリアウーマンの「せっかくだから」を満たす、ちょっと贅沢な国内ガイドマガジン。

トリコガイドシリーズ 編集部の記事一覧

オンは仕事をバリバリこなし、限られたオフはおもいっきり羽を伸ばして楽しむ!そんな大人のキャリアウーマンの「せっかくだから」を満たす、ちょっと贅沢な国内ガイドマガジン。

トリコガイドシリーズ 編集部の記事一覧

No more pages to load