Brand

  • YOLO
  • Yogini
  • 楽園ゴルフ
  • トリコガイド
  • ei cooking

台南の必ず食べておきたい3大グルメはこれ!おすすめ料理店4選

台湾の古都である台南。南部特有のゆるい空気感がたっぷりで、迷路のようになっている小径にはかわいい雑貨やカフェに出合える場所です。

日本の京都のような魅力が漂うこの街で、新旧の雰囲気を楽しみながら美味しいグルメを食べ歩きましょう。

坦仔麺(ダンツーメン)

エビのダシが利いたスープに、小麦粉の中細ストレート麺をさっとゆでて、たっぷりの肉燥をかけていただく温かい麺。仕上げに黒酢やエビ、香菜をのせます。

擔子発祥の店「度小月擔子麵 原始店本舗」

汁あり擔子。エビのダシが利いた風味豊かなスープとたっぷりの肉燥、ほのかに香る黒酢が食欲をそそります。仕込みに7時間かけるとか。
創業以来継ぎ足しのトロトロの肉燥と麺の味をダイレクトに味わいたいなら、汁なしの乾擔子にチャレンジ。
店の入り口に設けられた擔子の調理台。1日400杯以上オーダーされる大人気の元祖擔子。出来たての熱々をいただきましょう。

坦子麵の元祖として有名で、創業120年を超える老舗です。初代はもともと漁師で、天候により船が出せない時に、水仙廟の前で簡単に出せるような麺料理(坦子麺)を考案し、天秤棒とカゴで売りはじめました。大量のエビをベースにしたスープの坦子麵は瞬く間に評判となり、当時から大変な人気を博しています。厚い鍋には、100年以上継ぎ足して使っているトロトロの肉燥がたっぷり。擔子麵の他にも、白身魚の虱目魚や、サクサク食感がたまらないエビ春巻きの黄金蝦捲など、台南の名物を楽しめますよ。

【DATA】
度小月擔子麵 原始店本舗(トゥーシャウヤィダンツーメン ウャシテンベンポウ)
住所:中西區中正路16號
営業時間:11:00~21:30
定休日:無

牛肉湯(ニョウロウタン)

台南には牛肉市場があり、鮮度の高い牛の入手が可能なことから、街には牛肉スープの専門店が多数あります。牛骨でダシをとり、さっと湯がいた赤みが残る状態でいただくスープ。

鮮度のよさに定評あり「圓環牛肉湯」

店頭では赤身の塊をその場で切り、さっとスープに湯通しして出されます。刻みネギとタレにつけて。
沖縄では豆腐ようで使われている紅麹。その紅麹を発酵させたスープに入った牛肉ボールが美味です。
筋、肚、舌のミックスホルモンは人気メニュー。スープは全種類良心的価格。
牛雑はスープなしもオーダーできます。たっぷりの生姜と香草に酢と醤油で。

牛肉スープの専門店が多くあるなか、ほかではあまり出回らない、さまざまな部位の牛肉が食べられると評判のお店。真夜中の午前2時に市場へ出掛け、当日に使用する分だけを仕入れて、新鮮な牛肉のみを使用しているので、赤身はもちろん、心臓、腰、肝や筋などのホルモンまで味わえます。スープは実にシンプルで、牛骨と具材のみ。でもこれがまた旨い!迷いのない澄み切ったシンプルなスープは、やみつきになること間違いなしです。

【DATA】
圓環牛肉湯(ユエンファンニョウロータン)
住所:中西區府前路二段153號
営業時間:4:00~13:30
定休日:火曜日

ちまき

台湾では、家庭でもつくられるちまき、母味としてポピュラーな食べ物。南部では、そのまま食べるちまきと、醤油の甘ダレとピーナッツ粉をかけるふたつのタイプがあります。

ピーナッツ粉をたっぷりかけて「劉家肉粽」

ちまきの中には塩味が利いピーナッツが入っています。ピーナッツ粉をかけていただきますが、見た目ほど甘さは感じません。

高雄に2店舗、台南は7店舗ある、地元で人気のちまき店。こちらの西門店は24時間営業なので、深夜の空腹にも見事に対応してくれますよ。南部名物、ピーナッツ粉にとろみ醤油でいただく菜粽は、竹の皮ではなく月桃の葉で巻いたもの。日本では主に美容液にも使われる月桃は、胃に優しい効果があるといわれていることから、これを使用しています。ほのかに香る月桃の香りは、食欲をそそりますね。店内は半オープンエアーで気軽に入れるのも嬉しい。

【DATA】
劉家肉粽(ニョウツァーローツォ)
住所:中西區西門路二段439號
営業時間:24時間営業
定休日:無

創業120年の伝統の味「再發號肉粽」

シイタケ、卵黄、栗、豚肉などの6種類の具材が入ったちまき。まさに王道といった伝統の味です。

清時代に屋台からスタートした老舗のちまきは、週末になると一日700食が売れる超人気メニュー。ちまきは3種類で、もち米やタレはどれも同じですが、中の具材で値段が変わります。アワビやホタテなど、豪華食材が11種類入った特製八宝ちまきは、二人で食べても十分なボリューム。箸も用意されていますが、竹の棒で割って食べるのが再發號流。豪華な食材と大きさに驚きながら、昔と変わらぬ甘辛い伝統の味とモチモチ食感を、ぜひ試してみてください。

【DATA】
再發號肉粽(ツァイファーハォゥローツォン)
住所:中西區民權路二段71號
営業時間:10:00~20:30
定休日:不定休

 

※掲載内容は2017年2月取材時のものです。

出典

SHARE

PROFILE

トリコガイドシリーズ 編集部

トリコガイドシリーズ 編集部

オンは仕事をバリバリこなし、限られたオフはおもいっきり羽を伸ばして楽しむ!そんな大人のキャリアウーマンの「せっかくだから」を満たす、ちょっと贅沢な国内ガイドマガジン。

トリコガイドシリーズ 編集部の記事一覧

オンは仕事をバリバリこなし、限られたオフはおもいっきり羽を伸ばして楽しむ!そんな大人のキャリアウーマンの「せっかくだから」を満たす、ちょっと贅沢な国内ガイドマガジン。

トリコガイドシリーズ 編集部の記事一覧

No more pages to load