Brand

  • YOLO
  • Yogini
  • 楽園ゴルフ
  • トリコガイド
  • ei cooking

スクワット+αで体にも脳にも刺激が入る!【グーパーメモリースクワット】とは?

手の動作も加えて、脳と体をさらに刺激!

いつまでもキレイな自分でいたいと思うのは、女性全員の思いかもしれませんね。その思いを叶えられるのは、他でもない自分!自宅で簡単にトライできるスクワットで、コツコツと美ボディのベースを作りませんか?さまざまなお題に答えながらスクワットを繰り返す「メモリースクワット」を紹介した第1回に続いて、今回は手をグーやパーにする動作を加えることで、さらに刺激を高める「グーパーメモリースクワット」を紹介します。

第1回目「メモリースクワット」のやり方はこちらをチェック!

ふたつの動作を同時に行うメモリースクワットに慣れてしまった、もしくは物足りなくなってしまった。そんな人には、グーパーの動作をしつつ、お題に答え、スクワットする3つの動作が組み合わさったこのスクワットがおすすめです。

まずは基本のスタンバイ姿勢

スタートとなるスタンバイ姿勢はメモリースクワットと同じです。視線を正面に向け、背筋をまっすぐ伸ばして立ち、手は腰にあててバランスをとります。脚は肩幅よりやや広めに開いて、リラックスしましょう。姿勢が整ったら「花の名前」などのお題を決めます。

手をグーにしながらスクワット

両手を握ってグーにして、ヒジを曲げてウデを後ろに引きます。同時にヒザを曲げ、腰を斜め後ろに引いてスクワットします。このとき脇をしっかり締めるのがポイントです。

立ち上がり、腕を伸ばしながら答えを言う

立ち上がった時、腕を前に伸ばして手をしっかり開く。同時にお題の答えを声に出します。前に伸ばした手はめいっぱい開きましょう。

この動作を1分間に18~20回繰り返します。難易度は星3つ!単純なスクワットでは
物足りなくなった人にぴったりです。感覚的には「楽~ややきつい」状態が効率的。「かなり楽」と感じるようになってきたら、さらに刺激を高められるスクワットにも挑戦してみましょう。

次回はさらに難易度アップの「ジャンケンスクワット」に挑戦!
こちらの記事をチェック→→「毎日1分!スクワット×ジャンケンで驚くほど体と脳は刺激される!」

出典:『老けない脳と体をつくるスクワット

監修:西川佳克
ライター:YOLO編集部

Share

Profile

YOLO 編集部

YOLO 編集部

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

No more pages to load