Brand

  • YOLO
  • Yogini
  • 楽園ゴルフ
  • トリコガイド
  • ei cooking

トレーニングをすればするほど太る?!原因は●●不足

タンパク質不足を補える、超簡単、小鍋レシピ

トレーニングをしてせっかくカロリーを消費したのだから、もうカロリーをとりたくない…。ダイエット目的でトレーニングに取り組み、目に見えて結果が出始めると、ますますそういった気持ちが強くなってくるものです。しかし、それが罠!トレーニングをした後は必ず、筋肉がなんらかの損傷を受けているもの。筋肉痛になっていなくても、運動することによって大なり小なり、筋肉には傷がついてしまうのです。

その傷ついた筋肉を治すために必要なのが、タンパク質。不足すれば筋肉は落ち、それが続くと基礎代謝が落ちて、食事量を減らしても体重が増えやすい体質になってしまいます。それではトレーニングが逆効果になってしまいます…。

とはいえ、理論は知っていても、トレーニング後にガッツリ食べるのは気が進まない…。それが本音ですよね。そんな人におすすめしたいのが、タンパク質がたっぷり摂れて、カロリーは控えめの小鍋レシピ「手羽先とゆで卵の鍋」です。鶏肉と卵でタンパク質補給はカンペキ。さらに、美肌づくりに欠かせない成分である、手羽先から溶け出すコラーゲンが摂れる点もポイントです。

骨つきの手羽先から、しっかりとうまみが広がる一品。オイスターソース入りの煮汁は、コクもたっぷり。タンパク質が摂れてヘルシーなだけではなく、おいしい!さらに、調理もとっても簡単。①材料を切る、②小鍋に入れる、③煮て火を通すだけでOK。これなら、作るモチベーションは高まるはず。

ちょっともの足りない時は、残ったスープを使った「ギョウザの皮のスープ」を。ギョウザの皮適量を手でちぎって残った鍋に加え、煮込めば完成。とろみが出て、また違った味わいが楽しめます。

手羽先とゆで卵の鍋
【材料】(1人分)
ゆで卵…1個
鶏手羽先…2本
小松菜…1/3束(約100g)

A
水…200ml
鶏ガラスープの素(顆粒)…大さじ1/2
オイスターソース…大さじ1と1/2
砂糖・酢…各小さじ1

【作り方】
1 小松菜はざく切りにし、ゆで卵は殻をむく。
2 鍋にAを入れて煮立て、手羽先を入れてアクが出たら取る。ゆで卵を加えて弱火にし、ふたをして15分ほど煮込む。
3 小松菜を加えて2~3分煮る。

出典:『買物は1回! 毎日違う味が楽しめる 小鍋レシピ』(著者:齋藤真紀)
ライター:楠田圭子

Share

Profile

YOLO 編集部

YOLO 編集部

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

No more pages to load