Brand

  • YOLO
  • Yogini
  • 楽園ゴルフ
  • トリコガイド
  • ei cooking

ヒザ・坐骨神経の痛みに手のツボが効く?

ヒザの痛みにきくツボとは

同じ姿勢での作業が多く、ヒザへかかる負担が多いと、関節痛などの痛みを感じることがあります。年を重ねるにしたがってヒザへの負担は大きくなり、特に日本人女性にはヒザに痛みを抱えている人が多いそうです。

原因は姿勢の悪さ。姿勢が悪くなることで必要以上にヒザに体重がかかり、それを支えきれなくなってしまうのです。また、不安定な姿勢のまま筋肉がかたまってしまいます。これにはヒザまわりの筋肉をほぐすのが有効的です。でも、痛いところを触るのは気が進みませんよね?大丈夫、直接触らずケアできる方法があるのです。

ヒザと対応するのが、親指の第二関節。右手は左ヒザ、左手は右ヒザにあたります。それぞれのつけ根のまわりを少しずつ指圧すればOK。小指の第二関節もヒザに対応します。

坐骨神経痛には?

手の甲の下半分が、背中側の下半身に当たります。その中でも股関節や骨盤のあたりに相応するのが、中指の外側の筋、手首に近いほうです。中指と人さし指の間の下のほうを、少しずつもみながら移動していき、痛い場所を探しましょう。気持ちいい程度に、息を吐きながら押していきます。刺激するのは両手でも片手だけでもOK。

中指と薬指の間の筋の下のほうも試してみましょう。中指を中心に両サイドとももむことで、気のバランスもよくなりますよ。

ライター:幸雅子
出典:『手のひらセルフケア』/「体の不調に合わせたセルフケアでみるみるラクになる!」
監修:龍村修/龍村ヨガ研究所所長。国際総合生活ヨガ研修会主宰。NPO法人YOGA連盟副理事長。学生時代の演劇活動の中でヨガと出会い、’73年に求道ヨガの世界的権威・沖正弘氏に入門。’85年沖ヨガ修道場就任を経て、’94年4月に独立。龍村ヨガ研究所を設置。著書多数。

Share

Profile

YOLO 編集部

YOLO 編集部

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

No more pages to load