Brand

  • YOLO
  • Yogini
  • 楽園ゴルフ
  • トリコガイド
  • ei cooking

起こることは中立。意味を持たせるのは自分自身【数秘術でハッピーになる!】

こんにちは☆数秘術カウンセラーの阿蘇湧真です。2020年がスタートして、いかがお過ごしでしょうか。2020年代はそれぞれの「情熱」や「喜び」をベースに新しい時代、ライフスタイルが作られていきます。これまでの常識はもちろん、システムも大きく変わっていくでしょう。

情熱を教えてくれるフィルター

ところで、「喜びを生きよう」、「好きなことをしよう」と聞くと、「忙しいから好きなことができない」という方もいるかもしれません。でも、「本当に好きなこと」というのは「忙しくても、やってしまうもの」です。「忙しいのにやってしまうこと」、「忙しいのに考えてしまうこと」…ここに、自分が大好きなことが隠れていたりいます。

旅好きは忙しくても旅をします。絵が好きな人は、授業中に絵を描いていたりするものです。つまり、「忙しいから〇〇できない」わけではなく、「忙しいから自分の好きが見えてくる」のです。

本当の「好き」は、いろいろなフィルターを超えてきます。一つは「忙しさ」、一つは「周囲の反対」、一つは「お金」です。「好きなこと」は、このフィルターを安易と超えてきたりするのです。

一般的な「できない理由」というのは決して「壁」ではなく、自分の「好き」のレベルを教えてくれるフィルターですね。

光は出来事ではなく選択

これから、どんどん時代はポジティブな光の方向に向かっていきます。でも、光に向かっているからといって、「期待通りのことばかり起こる」というわけではありません。「光に変えるものが現れる」のです。

つまり、「これを手放せば、自由になるよ」、「これをクリアにすれば、無限の可能性につながるよ」というものが現れます。往々にしてそれは、「ネガティブ」という形で姿を現します。人によってはマイナスな感情や人間関係のトラブル、健康上の問題などさまざまでしょう。

ついつい、ネガティブなことが起こると、自分はネガティブに向かっているのかも…と思いがちです。でも、起こることは「中立」。それをどう使うかなのです。それを「闇」に使うこともできれば、手放して「光」に変えることもできます。

光とは「出来事」ではなく、それに対する「選択」なのです。光か闇かは、出来事とは関係ありません。その時に僕達は常に、光の選択をしていくことで、本来の自分に、どんどんつながっていくことができます。出来事に右往左往するのではなく、「自分はどっちに行きたい?」と問いかけましょう。

【数秘術とは】
2500年前のギリシャの数学者であるピタゴラスによってまとめられた数字をエネルギーとして捉え人生や万物を読み解く学問。この考え方が「カバラ数秘術」としてユダヤ民族の間で受け継がれ、長い歴史の中で統計学として進化。タロット占いや西洋占星術の元となる。ニューヨークのセレブの間では「人類最高の知恵」として熱烈な支持を受けている。簡単な計算だけで、生年月日から才能、運命、使命などあらゆることが読み解けてしまう「魔法のメソッド」。

阿蘇湧真
心理学、脳科学、東洋思想など幅広く学び、心の仕組みや、毎日が楽しくなる考え方をわかりやすく発信。現在まで4冊の本を出版。無料メールマガジン「心の新聞紙」は現在まで2500件以上配信。カウンセラーとして個別のご相談にお答えする傍ら、セミナー講師、作家として活動。数年前より〝誕生日から運命を読み解く〟「数秘術」を学び始め、「数秘術カウンセラー」としてカウンセリング、セミナー活動を行う。2018年、待望の最新の数秘術「」を確立。新しい数秘の読み解きを公開し、「自らの数字を使い、人生を変革させる」セミナー、ワークショップを開始。
https://rakugaki-aso.jimdo.com

Share

Profile

YOLO 編集部

YOLO 編集部

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

No more pages to load