Brand

  • YOLO
  • Yogini
  • 楽園ゴルフ
  • トリコガイド
  • ei cooking

ハワイのローカルフード「アヒポキ」でアンチエイジング

まだまだ寒い日が続きますが、お元気ですか?毎週木曜日のマナ・カード占い。ハワイの自然や神話、そしてスピリチュアルな教えをベースに、十人十色の「幸せへの道」を探っていきます。今週は、ハワイの文化や歴史から紐解くラッキーフードです。

日本も大好きなハワイのローカルフード「アヒポキ」

日本人に人気のハワイグルメの一つに、「アヒポキ」があります。ハワイ語で、アヒ(ahi)には「マグロ」、ポキ(poke)には「細かく切る」という意味があります。つまり、アヒポキとは、マグロをブツ切りにして、醤油、ごま油、オイスターソース、ナッツなどでつくったタレであえたもの。

マグロだけでなく、タマネギや海藻などが入ることもあります。アヒポキをご飯にのせると「アヒポキボウル」というファストフードになりますが、これは日本の「マグロの漬け丼」に極めてよく似ています。

水産資源が豊富なハワイは、昔から漁業が盛んでした。マグロもハワイ沖に一大漁場があり、新鮮なままホノルルへと水揚げされ、生で食べられていたのです。マグロが大好きな日本人が、これを見逃すはずはありません。

18世紀の末、日本ではハワイへの移民政策が展開されました。広島や山口の海岸地域からハワイへと移り住んだ人々は、主にさとうきびプランテーションで働き、労働契約終了後は、日本での経験を活かして漁業に転身する人も多かったそうです。

20世紀になると、ハワイのカヌーよりも性能のいい日本の漁船を使った本格的な漁が行われるようになります。ハワイ人と日本人はライバル関係ではありましたが、同じ漁師として、異文化交流も行われていたようです。そうした中で、アヒポキの味つけに醤油が使われるようになったのかもしれませんね。

アンチエイジングやデトックスをサポート!

アヒポキの材料となるマグロ、タマネギ、海藻は、実はどれもアンチエイジングに効果の高い食材。まず、マグロは低カロリーのヘルシーなタンパク源であり、脳細胞を活性化するDHAや血液をサラサラにするEPAが豊富に含まれています。タマネギも血液サラサラ食材で、細胞のサビを落とす抗酸化効果や、疲労回復効果を持つアリシンという成分も豊富に含まれています。さらに、海藻は、腸内環境を整えて善玉菌を増やしてくれる食物繊維の宝庫。

腸内環境の改善は、便秘によるお腹ポッコリを解消するだけでなく、美肌やうつ予防にも効果があるとのこと。アヒポキは、アンチエイジングとデトックスをサポートしてくれる、若さとキレイのためのラッキーフードと言えるでしょう。

疲れが取れないと感じた時や、お肌の調子がイマイチな時、以前のように気持ちが前向きになれない時、アヒポキボウルを食べましょう。タレは市販されているので、マグロ、タマネギ、海藻サラダを食べやすい大きさに切ってタレであえるだけでOK。心と体の若々しさを、きっと取り戻せるはずですよ!

イリアヒケイコ
本場ハワイ現地で修行をし、ハワイアンスピリチュアルな世界から英知の力を学ぶ。鑑定歴は、10年。ハワイアンタロット占いでイベントや対面、電話鑑定、ラインチャット占いなど多方面で活躍中。スピリチュアルカウンセラー育代オフィス所属
https://www.ikuyo.co.jp/top.html

Share

Profile

YOLO 編集部

YOLO 編集部

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

フィットネス、スポーツ、ヘルスケア、食、旅などをテーマに、毎日を楽しく前向きに生きるためのコンテンツをお届けします。

YOLO 編集部の記事一覧

No more pages to load